Newsweek

エネルギー

ウクライナが招くドイツのエネルギー危機

クリミア問題を受けてロシアへのエネルギー依存を見直すメルケル政権だが、脱原発と同時に進めるのは危険

2014年4月14日(月)12時56分
ジョシュア・キーティング

    [2014年4月 8日号掲載]

     エネルギー消費では欧州で1位、世界で7位のドイツが、政治的理由からエネルギー不足に見舞われる恐れがある。

     G7諸国は先週、今回のクリミア危機を受けて、ロシアへのエネルギー依存を見直す方針で一致した。だがいくら情勢が緊迫しても、ロシアが輸出収入の14%を占める欧州へのエネルギー供給をやめるとは考えにくい。

     石油と天然ガスの3分の1をロシアに頼るドイツのような国は、依存度を減らしたほうが長期的な対ロ政策には好都合に思える。だがこうした国では、依存解消後の方策に問題がある。

     ドイツは脱原発を唱える数少ない国の1つ。残り9基の原発を22年までに段階的に廃炉し、50年までに電力の80%を再生可能エネルギーで賄う計画だ。

     一方でドイツの石炭消費は昨年、90年以降で最高水準に達した。従来の方法で採掘可能な天然ガスに恵まれないため、水圧破砕によるシェールガス採掘を提唱する声もあるが、政府は環境保護の立場から反対している。

     エネルギーの対ロ依存を減らし、脱原発を目指し、再生可能エネルギーへ転換するという方針は素晴らしいが、一度に進めるのは大いに問題がありそうだ。

    © 2014, Slate

    [2014年4月 8日号掲載]

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    本誌 最新号

    特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

    平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

    2018年2月27日号  2/20発売

    人気ランキング

    • 1

      【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

    • 3

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユニフォームの秘密

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 6

      仮想通貨バブルの崩壊で、腐ったリンゴを取り除け

    • 7

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 8

      春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

    • 9

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 10

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 1

      【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 2

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

    • 5

      ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

    • 6

      食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

    • 7

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 8

      韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

    • 9

      思わず二度見してしまう、米スピードスケート代表ユ…

    • 10

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      【動画】北朝鮮スケート選手の妨害に、日本人選手「故意ではない」

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 7

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 8

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 9

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 10

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい