Newsweek

天安門

「自信なき大国」中国の未来

天安門事件から25年。国内では民主派や少数民族を弾圧し、国外では領海問題で周辺諸国を威嚇する──アメリカに亡命した民主活動家が語る中国の「不安感」とその行く末

2014年6月4日(水)12時16分
長岡義博(本誌記者)

     今年の6月4日で中国政府が民主化運動に参加した学生や市民を虐殺した天安門事件から25年。四半世紀前に民主化という選択肢を捨てた中国は、経済的には世界の屋台骨を担うと言われるほど発展した。ただ、少数民族や民主活動家、メディアへの締め付けは一向に改善する気配がない。最近では国力を背景に、領海と海洋権益を求めて東シナ海や南シナ海で周辺国と衝突を繰り返し、武力衝突の危険性がかつてなく高まっている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 7

      5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      海外の富裕層は財布代わりに「ジップロック」 風水で…

    • 10

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 10

      墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由