Newsweek

秘話

戦時下「外国人抑留所」日記

戦争中、神奈川にあった敵国人抑留所の実態を書きとどめていた英国籍青年の日記が語る「文明の衝突」

2015年8月10日(月)12時10分
長岡義博(本誌記者)

    ここで日記が書かれた 右に写る茅葺きの2階建てとその隣の西洋館が抑留所として使われた北足柄中学校(戦後間もない頃)=北足柄小学校所蔵

     日本人にとって戦争中の民間人抑留といえば、第二次大戦中のアメリカで起きた日本人移民・日系アメリカ人に対する強制の立ち退きとキャンプ収容だろう。12万人がそれまで築いた財産を事実上奪われ、全米各地に設置された11の強制収容所に追い立てられたのは、アメリカにとって拭い難い負の歴史だ。

     しかし戦争が起きた後、国内に住むそれまで隣人だった民間外国人を敵国人として収容したのはアメリカだけではない。日本でも1941年12月8日の太平洋戦争開戦と同時に、国内に住んでいた連合国側の民間外国人342人が、国内に設けられた34カ所の抑留施設に強制収容された。

     アメリカで抑留された当時の日系人は単純労働者が多かったが、開戦直前に日本に住んでいた外国人の多くは貿易、金融、教育、キリスト教の布教活動などに携わる知識人がほとんどだった。終戦までの3年8カ月余り。自由を束縛され、物資が不足する劣悪な環境で、彼らは刻々と悪化する戦況に耳をそば立てながら、自らを抑圧する日本人への怒りと、空襲によって死の淵に追いやられる日本人への同情という矛盾した感情を抱き続けた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士