南シナ海

一隻の米イージス艦の出現で進退極まった中国

米海軍の活動を黙認すればメンツを失うが、排除しようとすれば交戦を覚悟しなければならない

2015年10月29日(木)16時26分
小原凡司(東京財団研究員)

    中国の対処は? 今週南シナ海で哨戒活動を実施した米海軍の駆逐艦「ラッセン」 CPO John Hageman-US Navy-REUTERS

     2015年10月27日、米海軍のイージス駆逐艦「ラッセン」が、中国が建設した人工島から12海里以内の海域を航行した。このオペレーションは、「航行の自由」作戦と名付けられ、中国の南シナ海に対する権利の主張を根本から否定するものである。また、米国との軍事衝突を避けたい中国を追いつめる、軍事衝突も辞さない米国の決意を示すものでもある。

    本誌紹介

    特集:ルポ  武漢研究所のウソ

    本誌 最新号

    特集:ルポ 武漢研究所のウソ

    新型コロナウイルスの発生源と疑われる中国の研究機関は危険な感染実験を繰り返していた

    2021年6月22日号  6/15発売

    人気ランキング

    • 1

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親族が発見 インド

    • 2

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔していること

    • 3

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい」5つのスキル

    • 4

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目…

    • 5

      SNSで売られるインドのコロナ孤児たち 児童売買・性…

    • 6

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 7

      中国が1000人逮捕、仮想通貨マネロンの「協力者が後…

    • 8

      インドのコロナ地獄を招いた張本人モディの、償われ…

    • 9

      歴史に置き去られた世界の廃墟たち...不気味で美しき…

    • 10

      イギリスがデルタ株の感染再燃で正常化先送りなのに…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 3

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウンゴールで五輪に失敗した」

    • 4

      EVシフトの盲点とは? トヨタが「水素車」に固執す…

    • 5

      将来の理数系能力を左右する「幼児期に習得させたい…

    • 6

      ノーベル賞を受賞した科学者の私が、人生で後悔して…

    • 7

      病院がICUを放棄? 無人の部屋に死体のみ、訪ねた親…

    • 8

      水深6000メートル超の超深海帯で死肉をたいらげる新…

    • 9

      アジアゾウの群れが大都市の目前に、警察など400人が…

    • 10

      山口香JOC理事「今回の五輪は危険でアンフェア(不公…

    • 1

      4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

    • 2

      脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

    • 3

      国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

    • 4

      デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

    • 5

      ホテルで24時間監視、食事はカップ麺の「おもてなし」…

    • 6

      東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

    • 7

      武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

    • 8

      閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

    • 9

      【ファクトチェック】肛門PCR検査は中国で義務付けら…

    • 10

      ファイザーのワクチンで激しい副反応を経験した看護…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】ゲイの夫夫が手にした父権の肖像