Newsweek

米中関係

米爆撃機が中国の人工島上空を飛んだことの意味

オバマは軍事力を行使しないと見くびっていた中国の当てははずれ、米中関係にも変化が

2015年12月28日(月)15時45分
小原凡司(東京財団研究員)

    緊張 米軍の爆撃機はなぜ撃墜されかねないリスクを冒したのか(写真は2015年5月、演習中に撮影されたB-52) Muhammad Hamed-REUTERS

     2015年12月18日、米国防総省が、「米軍のB-52戦略爆撃機が、中国の人工島から2海里上空を飛行した」ことを明らかにした。中国は、外交ルートを通じて正式に抗議したが、米国は、今回の飛行は、「航行の自由」作戦ではなく、意図されたものではなかったとしている。天候が悪かったことが影響した可能性もあるとも言うのだ。本当に、意図したものではなかったのだろうか?

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界が尊敬する日本人100

    本誌 最新号

    特集:世界が尊敬する日本人100

    お笑い芸人からノーベル賞学者まで文化の壁を越えて輝くいま注目すべき100人

    2019年4月30日号  4/23発売

    人気ランキング

    • 1

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 2

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴンとともに観光収入も絶滅回避へ

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      観光先進国(G7)を標榜した韓国の宿泊施設がぞくぞ…

    • 8

      文在寅肝いりの現代自動車「低賃金」工場は、韓国の…

    • 9

      韓国の日本大使館、建て替えが進まず空き地になった…

    • 10

      英王妃の生首は本当に喋ろうとしたのか

    • 1

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が公開される

    • 2

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母さんだった

    • 3

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 4

      人を襲う「生きた恐竜」の島閉鎖 インドネシア、ドラゴ…

    • 5

      5年前、太陽系外の恒星間天体が地球に衝突していた

    • 6

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      エイリアンはもう地球に来ているかもしれない──NASA…

    • 9

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げに八つ裂き」

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 10

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】北極に訪れた不可逆な未来