Newsweek

原発

福島原発の「グラウンド・ゼロ」、いまだ見えぬ廃炉への道のり

溶融した核燃料の場所は確定できず、汚染水は増え続け、地下水流入を防ぐ凍土壁も未完成……

2016年3月12日(土)13時10分

    3月10日、福島第1原発の原子炉に送り込まれたロボットは息絶え、凍土壁はいまだ完成していない。そして、高濃度汚染水をどう処理すればいいのか、関係当局は依然として途方に暮れている。写真は2月10日、福島第1原発で、防護服を着た東京電力の職員(2016年 ロイター/Toru Hanai)

     福島第1原発の原子炉で、溶融した高放射能核燃料を発見するべく送り込まれたロボットは「息絶えて」しまった。地下水の汚染防止をめざして、破壊された原発の周囲を囲む地下の「凍土壁」はいまだ完成していない。

     そして、原発の敷地の周囲に増え続ける一方のタンクに貯蔵された高濃度汚染水をどう処理すればいいのか、関係当局は依然として途方に暮れている。

     5年前、史上最大級の地震による10メートルの津波が福島第1原子力発電所を襲い、複数の原子炉が炉心溶融(メルトダウン)を起こした。東日本大震災による死者・行方不明者は約1万8500人、関連死を含めると犠牲者は2万1000人を超える。16万人が住居と生計の手段を失った。

     現在も福島第1原発の放射線は依然として非常に強く、炉内に人間が入って、非常に危険性の高い溶融した燃料棒の塊を発見・除去することは不可能な状態だ。

     福島原発を運営する東京電力<9501.T>は、損傷した建屋から数百本の使用済み核燃料を撤去するなど、ある程度の前進を見せている。だが、同発電所内の他の3基の原子炉で溶融した燃料棒の場所を確定するために必要な技術はまだ開発されていない。

     原発の内部にアクセスすることは非常に難しいと、東電で廃炉事業を指揮する増田尚宏氏は、ロイターとのインタビューで語った。最大の障害は放射線だという。

     溶融した燃料棒は原子炉内の格納容器を突き抜け、現在の正確な場所は誰にも分からない。原子炉のこの部分は人間にとって非常に危険である。そこで東電では、溶融した燃料棒を探すために、水中での移動が可能で、損傷したダクトや配管のなかで障害物を乗り越えることのできるロボットの開発に取り組んできた。

     だが、ロボットが原子炉に近づくやいなや放射線によって回路が破壊されて役立たずになってしまい、進捗が大幅に遅れていると増田氏は述べている。

     ロボットは各々の建屋に合わせてカスタマイズしなければならない。単機能のロボットを開発するだけでも2年はかかると同氏は語る。

    増え続ける汚染水

     事故対応を厳しく批判された東電は、30年前のチェルノブイリ原発(ウクライナ)以来最悪な原発災害現場となった福島第1原発の状況は劇的に改善されていると指摘。敷地内の多くの場所の放射線レベルは、現在では東京都内と変わらないという。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知らない自動運転の現在地

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らない自動運転の現在地

    都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

    2019年2月19日号  2/12発売

    人気ランキング

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーンの妻たち

    • 3

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

    • 4

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 5

      女性に挨拶もできやしない!? でもやっぱり「職場で…

    • 6

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 7

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

    • 8

      日韓関係の悪化が懸念されるが、韓国の世論は冷静──…

    • 9

      「自分はゴミだと信じていた」里子が、グラミー賞ノ…

    • 10

      『ボヘミアン・ラプソディ』動員1000万人目前! 放…

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 3

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

    • 4

      シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

    • 5

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 6

      「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

    • 7

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 8

      南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

    • 9

      地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

    • 10

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 3

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

    • 4

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

    • 7

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 8

      恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

    • 9

      体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい