Newsweek

原発

福島原発の「グラウンド・ゼロ」、いまだ見えぬ廃炉への道のり

溶融した核燃料の場所は確定できず、汚染水は増え続け、地下水流入を防ぐ凍土壁も未完成……

2016年3月12日(土)13時10分

    3月10日、福島第1原発の原子炉に送り込まれたロボットは息絶え、凍土壁はいまだ完成していない。そして、高濃度汚染水をどう処理すればいいのか、関係当局は依然として途方に暮れている。写真は2月10日、福島第1原発で、防護服を着た東京電力の職員(2016年 ロイター/Toru Hanai)

     福島第1原発の原子炉で、溶融した高放射能核燃料を発見するべく送り込まれたロボットは「息絶えて」しまった。地下水の汚染防止をめざして、破壊された原発の周囲を囲む地下の「凍土壁」はいまだ完成していない。

     そして、原発の敷地の周囲に増え続ける一方のタンクに貯蔵された高濃度汚染水をどう処理すればいいのか、関係当局は依然として途方に暮れている。

     5年前、史上最大級の地震による10メートルの津波が福島第1原子力発電所を襲い、複数の原子炉が炉心溶融(メルトダウン)を起こした。東日本大震災による死者・行方不明者は約1万8500人、関連死を含めると犠牲者は2万1000人を超える。16万人が住居と生計の手段を失った。

     現在も福島第1原発の放射線は依然として非常に強く、炉内に人間が入って、非常に危険性の高い溶融した燃料棒の塊を発見・除去することは不可能な状態だ。

     福島原発を運営する東京電力<9501.T>は、損傷した建屋から数百本の使用済み核燃料を撤去するなど、ある程度の前進を見せている。だが、同発電所内の他の3基の原子炉で溶融した燃料棒の場所を確定するために必要な技術はまだ開発されていない。

     原発の内部にアクセスすることは非常に難しいと、東電で廃炉事業を指揮する増田尚宏氏は、ロイターとのインタビューで語った。最大の障害は放射線だという。

     溶融した燃料棒は原子炉内の格納容器を突き抜け、現在の正確な場所は誰にも分からない。原子炉のこの部分は人間にとって非常に危険である。そこで東電では、溶融した燃料棒を探すために、水中での移動が可能で、損傷したダクトや配管のなかで障害物を乗り越えることのできるロボットの開発に取り組んできた。

     だが、ロボットが原子炉に近づくやいなや放射線によって回路が破壊されて役立たずになってしまい、進捗が大幅に遅れていると増田氏は述べている。

     ロボットは各々の建屋に合わせてカスタマイズしなければならない。単機能のロボットを開発するだけでも2年はかかると同氏は語る。

    増え続ける汚染水

     事故対応を厳しく批判された東電は、30年前のチェルノブイリ原発(ウクライナ)以来最悪な原発災害現場となった福島第1原発の状況は劇的に改善されていると指摘。敷地内の多くの場所の放射線レベルは、現在では東京都内と変わらないという。

    本誌紹介

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    本誌 最新号

    特集:韓国ドラマ&映画 50

    韓国を飛び出し、世界で支持を広げ続ける「進撃の韓流」── いま見るべき映画&ドラマ50作を厳選して紹介

    2021年4月27日/2021年5月11日号(5/ 4発売)

    人気ランキング

    • 1

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 2

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 3

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心肺機能を向上させると研究結果

    • 4

      死海文書に2人目の書き手、AIが見破る 筆跡から筋肉…

    • 5

      メーガン処女作「父子の絆を描く絵本」にあの著名司…

    • 6

      アメリカでは子どもにどう英語を教えるのか?

    • 7

      コロナに勝った「中国デジタル監視技術」の意外に地…

    • 8

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 9

      ジョークから生まれた仮想通貨ドージコインの時価総…

    • 10

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 1

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガンとの不和につながる「可能性は高い」

    • 2

      パリス・ヒルトン、ネットで有名なセクシー「パーティー写真」の真相を告白

    • 3

      かわいい赤ちゃんの「怖すぎる」声に、両親もスタジオも爆笑

    • 4

      はるな愛「私のとっておき韓国映画5本」 演技に引き…

    • 5

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツ…

    • 6

      話題の脂肪燃焼トレーニング「HIIT(ヒット)」は、心…

    • 7

      「心をえぐられた」「人生で一番泣いた」...ハリー杉…

    • 8

      コロナとさえ戦わない絶望の国ニッポン

    • 9

      ハッブル宇宙望遠鏡打ち上げから31周年、2万光年離…

    • 10

      メーガンとハリーは「イギリス社会ののけ者」に、人…

    • 1

      メーガン・マークル、今度は「抱っこの仕方」に総ツッコミ 「赤ちゃん大丈夫?」「あり得ない」

    • 2

      「お金が貯まらない家庭の玄関先でよく見かける」1億円貯まる人は置かない『あるもの』とは

    • 3

      親日家女性の痛ましすぎる死──「日本は安全な国だと思ってた」母親らが会見で涙

    • 4

      ヘンリー王子、イギリス帰国で心境に変化...メーガン…

    • 5

      韓国、学生は原発処理水放出に断髪で抗議、専門機関…

    • 6

      カミカゼ・ドローンで戦況は一変 米軍「最強」の座…

    • 7

      ビットコインバブルは2021年ほぼ間違いなく崩壊する

    • 8

      硬貨大のブラックホールが地球を破壊する

    • 9

      知らない女が毎日家にやってくる──「介護される側」…

    • 10

      脳の2割を失い女王に昇格 インドクワガタアリの驚く…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】コザに漂う、記憶のかけら