Newsweek

対ロ関係

新世代と「ソ連根性」の対立。経済制裁下のロシアで見た明暗

意外に豊かな街並みと市民の誇りを支えるのは 過去の原油高でためた資金と反政府派の人材難

2016年3月15日(火)16時52分
河東哲夫(本誌コラムニスト)

    経済は苦しいはずだが街は以前と変わらない(モスクワの地下鉄) Maxim Shemetov-REUTERS

     1年ぶりにモスクワを見て回っている。欧米の制裁と原油価格の下落で経済はよくないはずだが、街の表情は以前と変わらない。新しいビルが増え、店にある食料品は豊かだ。人々は、プーチン大統領がシリアやウクライナでアメリカの鼻を明かしていると満足している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 5

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 6

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 7

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

    • 10

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由