Newsweek

経営

階層、意思決定、時間感覚......インド事業の文化の壁

人口の半分以上が35歳未満で、起業家精神が浸透、投資意欲も旺盛と明るい材料が多いが、進出企業が考慮すべき「文化の違い」がある

2016年4月6日(水)17時58分
ニヒル・ラバル ※編集・企画:情報工場

    グローバル企業が注意すべきこと 宗主国だった英国の階級制度の伝統、それにヒンドゥー教とカーストの影響もあって、階層的な上下関係が非常に重視されるが、それはインドで待ち構える文化的な障害物の一例に過ぎない plasmatic-t2-iStock.

     インドは世界最古の文明を有する国の一つだ。そして新しいものと古いものが複合的に混ざり合うとともに東西文化が一つに練り込まれている。強固で安定した民主主義体制、10億人の人口の半分以上が35歳未満という国としての若さ、起業家精神の浸透と国内需要の高さなど、この国のメリットはたくさんある。加えてインド人は自立心が強く、投資意欲も旺盛だ。世界トップクラスの億万長者に数えられるインド人の多くが、その業態で最高ランクに入るような企業を設立している。だがそんなインドにも、他の国と同様、進出企業が考慮すべき「文化の違い」がある。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメディアの罪

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て帰宅

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 7

      5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      海外の富裕層は財布代わりに「ジップロック」 風水で…

    • 10

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 7

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 8

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 9

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 10

      墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 8

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由