Newsweek

アイスランド

パナマ文書に激怒するアイスランド国民の希望? アイスランド海賊党とは

アイスランドで今、何が起きているのか

2016年4月11日(月)15時45分
Rio Nishiyama

    「パナマ文書」が起こした余波 レイキャビクの国会議事堂前で大規模なデモが発生した。Stigtryggur Johannsson-REUTERS

     4月3日に流出した「パナマ文書」が世界のメディアを賑わせている。リストにはイギリスのキャメロン首相の親類やロシアのプーチン大統領の知人、中国の習主席を含む共産党トップの親類など大国指導者の関係者も多数含まれており、説明責任への糾弾はまだ続きそうだ。

     なかでももっともおおきな反響があったのは、アイスランドだろう。アイスランドでは、「パナマ文書」がリークされた翌日に首都・レイキャビクの国会議事堂前で大規模なデモが発生。参加者の数は人口の10%とも言われる。

    4月4日、アイスランド大規模デモの様子(Tweet by Jason Scott)


     その大規模デモを受け、4月5日にはアイスランド首相が辞意を表明。「パナマ文書」が国家首脳の解任につながる第一例となった。

     ところでアイスランドといえば、去年からその政治動向に異変が起きているということをご存知だろうか? 2012年に発足した「海賊党」という新興政党が支持率を伸ばし、世論調査で一年以上も与党を抑えて支持率一位を獲得しているのだ。

     今回のデモにおいても、海賊党はSNSを駆使してその様子を実況。その動画や画像は世界中に拡散し、話題を集めている。「パナマ文書」後に行われた世論調査によれば、大多数の国民が首相の退陣を求める中、海賊党の支持率はさらに上昇し43%にまで登っている

    国会議事堂に卵が投げられる様子を、国会議事堂の中からツイートする海賊党のエスタ・ヘルガドッター国会議員(Tweet by Ásta Helgadóttir)

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

    • 3

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

    • 4

      ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 8

      【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

    • 9

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 10

      ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 2

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 3

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 8

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 9

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩