Newsweek

ヒラリー

米大統領選挙、「クリントンなら安心」の落とし穴

アウトサイダー待望論が吹き荒れるなか消去法で当選しても、エリート政治家として嫌われる運命

2016年4月27日(水)18時00分
安井明彦(みずほ総合研究所欧米調査部長)

    好かれない 強い大統領になるためには、国民の熱狂的な支持がいる Charles Mostoller- REUTERS

    「最終的に大統領になるのはヒラリー・クリントン。そんなにトランプ旋風を心配する必要はない」という声が聞かれる。しかし、クリントンにはクリントンのリスクがある。油断は禁物だ。

    勝利へ堅実に前進するクリントン

     荒れに荒れる米国の大統領選挙において、民主党のクリントンが堅実に前進を続けている。4月26日に行われた民主党の予備選挙では、大票田のペンシルバニア州などでクリントンが勝利を納めた。指名候補を決める代議員の獲得数では、追いすがるサンダース上院議員との差が広がった。よほどの波乱がない限り、クリントンの指名候補獲得は揺るがないだろう。

     共和党候補との決戦となる11月の本選挙でも、クリントン有利との評価が多い。「トランプとクリントンなら、どちらに投票するか」という世論調査では、クリントンがトランプを10ポイントほどリードする結果が目立つ。

     共和党でトランプが指名候補獲得に近づくほど、本選挙ではクリントンが有利になるようだ。「どちらに投票するか」という世論調査によれば、共和党の候補者のなかでトランプは、クリントンに対して最も分が悪い(図表1)。現時点の世論調査によれば、共和党の候補者がクルーズであれば接戦、ケーシックであればクリントンが敗れるという結果になる。 

     4月26日に5つの州で行われた共和党の予備選挙では、そのトランプがすべての州で勝っている。クリントンには、ここでも追い風が吹いている。

    yasui160427-chart01.jpg

    好かれていないクリントンに弱い大統領になるリスク

     クリントン優位の展開を背景に、「最終的に大統領になるのはクリントン。そんなにトランプ旋風を心配する必要はない」という声を聞くようになった。今回の大統領選挙は、一癖も二癖もある候補者が揃う。それに比べれば、クリントンに安心感があるのは間違いない。問題発言が相次ぎ、予測不能なトランプ、ティー・パーティー流の過激な「小さな政府」路線が予想されるクルーズ、そして、極端に「大きな政府」を主張するサンダースと、クリントン以外の誰が大統領になるにしても、これまでの常識では対応できない激変に身構えたくなる。

     しかし、ヒラリー・クリントン大統領の誕生は、それだけで政治の安定を保障するわけではない。クリントンには、国民の厚い支持を持たない「弱い大統領」になるリスクがある。いざ大統領になったとしても、強い指導力を発揮できるかどうかは疑問が残る。むしろ懸念されるのは、議会共和党の抵抗により、政治が停滞する展開だ。オバマ政権と同じように、債務上限の引き上げ等に手間取るようだと、市場の大きな不安定要因になってしまう。

     実際にクリントンは、熱狂的に支持されているわけではない。米国民は、「他の候補よりも安心できるから」という消極的な理由で、クリントンを選ぼうとしているようにみえる。大統領選挙が行われた年の春の時点で比較すると、1990年代以降の選挙で敗北したどの候補者よりも、今のクリントンの好感度は低い(図表2)。それでもクリントンが大統領の座に近いのは、さらに好感度が低いトランプ氏がいるからだ。

    yasui160427-chart02.jpg

    目指すはビル・クリントンの再来

     選挙の雰囲気を考えれば、クリントンが熱狂的な支持を得られていないのも無理はない。今回の選挙の通奏低音は、うっ積する有権者の不満であり、それが生み出すアウトサイダー待望論である。変化を求める機運が強く、エリート政治家は嫌われる。経済政策では、旗色の鮮明でない中道的な政策よりも、極端な政策が好まれる。外交政策では、武力行使に対するためらいが根強く、内向きな傾向がくすぶる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 2

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

    • 3

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

    • 4

      日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

    • 5

      「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

    • 6

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 7

      「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

    • 8

      放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

    • 4

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 5

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

    • 6

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 7

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 8

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 9

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 10

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      韓国の自動車が危ない?

    • 7

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 10

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】バブル崩壊でスペインに残った砂の城