Newsweek

マイクロロボット

豚の腸でできた折り紙マイクロロボットで、誤飲した電池を胃から取り出す

ボタン電池の誤飲の事故から子どもを守る

2016年5月16日(月)16時50分
山路達也

    豚の腸ロボット 豚の腸で出来たマイクロロボットが、飲み込まれた電池を取り込んで、体外に排出する  Massachusetts Institute of Technology-YouTube

     ボタン電池の誤飲は、命に関わる重大事故だ。体内で電池が放電すると水酸化物が生成され、胃腸の壁にダメージを与える。時には、胃腸に穴を開けてしまい、人を死に至らしめることもある。飲み込まれた電池はできる限り速やかに体外へと排出する必要があるが、体に負担をかける外科手術なしで処置するにはどうすればよいか?

     MIT、シェフィールド大学、東京工業大学の研究チームが開発したのは、「誤飲した電池を回収するマイクロロボット」だ。

     マイクロロボット本体の素材は、なんと豚の腸。これに永久磁石が取り付けられた構造になっている。適当な素材を見つけるため、研究チームはチャイナタウンの市場を探し歩いたのだとか。

     このマイクロロボットはどのように使われるのだろう?
     マイクロロボットを折り紙のように畳んでカプセルに入れ患者に飲ませると、胃の中でカプセルが溶けてマイクロロボットが展開される。患者の体外で磁石を動かすと、マイクロロボットの磁石が反応して胃の中をイモムシのように動き回る。マイクロロボットの磁石は、電池を吸着するためにも使われるというわけだ。

    giphy.gif

     研究チームは豚の胃を購入して、特性を解析。シリコンゴムを使って、同様のモデルを作成した。そして、レモンジュースと水を胃酸に見立てて実験を行い、マイクロロボットの磁石で電池を捉えることに成功した。

     研究チームを率いるMITのDaniela Rus教授は、長年「折り紙ロボット」を研究して、その可能性を探ってきた。2015年6月には、「全長1センチメートル、重さ1/3グラムの超小型折り紙ロボットを発表」。シート状になった本体を加熱すると、あらかじめ入れられていた折り目に従って折りたたまれる。外部から磁力を与えることで、本体にモーターや電池を搭載しなくても虫のように動き回り、モノを運搬できることを示していた。

     誤飲した電池の取り出しという具体的なアプリケーションを実現できたことで、医療分野でのマイクロロボットの活用にはずみがつきそうだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 2

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿…

    • 5

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 6

      メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

    • 7

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 8

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 9

      韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

    • 10

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 7

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係