Newsweek

イギリス

ボリス・ジョンソン英外相の嘆かわしい失言癖

2016年7月15日(金)16時00分
エリザベス・パールマン

    Toby Melville-REUTERS

     イギリスのテリーザ・メイ新首相は13日、ボリス・ジョンソン前ロンドン市長を外相に任命するというサプライズ人事を発表した。ネガティブ・サプライズだ。第一報が流れると何者かが、ロンドン北部にあるジョンソンの自宅近くのゲートに大きな看板をくくり付けた――「世界へ、ごめんなさい」

     看板のそばで待ち伏せていた英スカイニュースの記者が、帰宅したジョンソンを直撃。外相になった今、海外の首脳や政治家に対する過去の失言について謝罪をする用意があるかどうかを問いただした。「アメリカのオバマ大統領を筆頭に、謝らなければならない相手が何人かいますよね」

     ジョンソンは4月下旬、オバマは「一部ケニア人」だから「大英帝国を毛嫌いする」、イギリスに対して偏見を持っている、と英紙のコラムに書いた。ジョンソンは「前にも言った通り、アメリカ合衆国は列の先頭だ」と答えて家に入った。バラク・オバマ米大統領が以前、もしEUを離脱したら通商交渉でもイギリスは最後尾になる、と言ったことを受けたもの。

    首相から逃げた?

     ジョンソンは過去にも問題発言を繰り返している。2007年11月には、ヒラリー・クリントンを「精神病棟にいそうなサディスティックな看護師」になぞらえて酷評。2005年には、国際社会における中国の影響力について次のように述べた。「中国は我々の脅威ではない。中国が世界を支配することなどあり得ないし、赤ん坊の頃から北京語(中国語)を教え込む必要なんてない」

     ドイツのフランク・ワルター・シュタインマイヤー外相は14日、ドイツの大学で演説をし、EU離脱派のリーダーで次期首相と目されていたのに保守党党首選への出馬を断念したジョンソンについて「EU離脱が決まった途端に逃げ出した、無責任な政治家」とこき下ろした。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士