Newsweek

カメラ

世界最小&リーズナブルな360度カメラ nico360

2016年8月3日(水)18時00分
geared (ギアード)

     十分なスペックを備えつつ、おもちゃ感覚で手が出せそうな360度カメラが登場しました。

     nico360 は、46mm四方で厚さ26mm、重さ96gという小さなボディに2つのレンズを擁する360度カメラです。超コンパクトでありながら3500万画素のイメージセンサーを搭載しており、写真を2500万画素、動画を1440p/30fpsで撮影可能。

    qnadeovkzzn3jnhpktgs.jpg

     しかも防水仕様で、かつ手ブレ防止機能も備えたタフなアクションカムです。

    stabilization.gif


     2つのレンズで撮影した映像は本体内で合成し、4つのモードで表示します。VRヘッドセット用モードで出力することもできるのだそう。

     撮影したデータは、本体のストレージ(32GB)に記録。専用アプリを使い、スマホなどにワイヤレスで転送可能です。

     また、この専用アプリとWiFiを介することで YouTube 360 Live などによるライヴストリーミングも簡単に行えます。

     indiegogo のファンディングページには、他メーカーの製品との比較表が掲載されており、nico360が360度カメラとして抜きん出たスペックを備えていることがアピールされています。

     その確かなクオリティや、世界最小とうたわれるサイズ感ももちろん魅力的なのですが、nico360 の最大のアドバンテージは、リーズナブルな価格にあると感じました。本体を入手するために必要なプレッジは149ドル〜(2016年8月2日現在)。この金額であれば、ちょっと360度撮影を試してみようかなと、カジュアルな気持ちで手が出せるのではないでしょうか。

     nico360 のクラウドファンディングは、すでに目標額の4倍を優に超える22万ドルを獲得。日本への発送にも対応します。





    執筆:Geared(Facebookページ)

    ○関連記事(ギアード)
    GoProユーザーのためのアウトドアな純正バックパック Seeker

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 2

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

    • 5

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 6

      メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

    • 7

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 8

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 9

      韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

    • 10

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 7

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係