Newsweek

カメラ

世界最小&リーズナブルな360度カメラ nico360

2016年8月3日(水)18時00分
geared (ギアード)

     十分なスペックを備えつつ、おもちゃ感覚で手が出せそうな360度カメラが登場しました。

     nico360 は、46mm四方で厚さ26mm、重さ96gという小さなボディに2つのレンズを擁する360度カメラです。超コンパクトでありながら3500万画素のイメージセンサーを搭載しており、写真を2500万画素、動画を1440p/30fpsで撮影可能。

    qnadeovkzzn3jnhpktgs.jpg

     しかも防水仕様で、かつ手ブレ防止機能も備えたタフなアクションカムです。

    stabilization.gif


     2つのレンズで撮影した映像は本体内で合成し、4つのモードで表示します。VRヘッドセット用モードで出力することもできるのだそう。

     撮影したデータは、本体のストレージ(32GB)に記録。専用アプリを使い、スマホなどにワイヤレスで転送可能です。

     また、この専用アプリとWiFiを介することで YouTube 360 Live などによるライヴストリーミングも簡単に行えます。

     indiegogo のファンディングページには、他メーカーの製品との比較表が掲載されており、nico360が360度カメラとして抜きん出たスペックを備えていることがアピールされています。

     その確かなクオリティや、世界最小とうたわれるサイズ感ももちろん魅力的なのですが、nico360 の最大のアドバンテージは、リーズナブルな価格にあると感じました。本体を入手するために必要なプレッジは149ドル〜(2016年8月2日現在)。この金額であれば、ちょっと360度撮影を試してみようかなと、カジュアルな気持ちで手が出せるのではないでしょうか。

     nico360 のクラウドファンディングは、すでに目標額の4倍を優に超える22万ドルを獲得。日本への発送にも対応します。





    執筆:Geared(Facebookページ)

    ○関連記事(ギアード)
    GoProユーザーのためのアウトドアな純正バックパック Seeker

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング