Newsweek

ドローン

空でも揺れない映像が撮れるGoPro初のドローン「Karma」

2016年10月6日(木)18時00分
geared (ギアード)

    <GoPro が同社初のドローン Karma と新しいアクションカメラシリーズ HERO5 をメディア向け発表会で日本初披露した。>

     KarmaGoPro が初めて手掛けるドローンですが、様々なシーンでの撮影を可能にするマウント・アクセサリー類の豊富さが特徴の GoPro としては、アクションカメラ HERO シリーズの数あるアクセサリーの1つという位置づけでドローンを発売するのは自然の流れなのかもしれません。

    gopro3.jpg

    Karma はHERO4および、今回発表された HERO5 Black、 HERO5 Sessionを搭載して空撮が行なえます。

     一番の特徴は、コンパクトで携帯性がありバックパックスタイルで持ち運べること。Karma のセット内容は、ドローン本体、タッチスクリーン搭載のコントローラー、スタビライザー、手持ち撮影用のハンドグリップで、この全てを収納できる専用バックパックがついています。
    gopro4.jpg

    ドローン本体は折り畳み式で、すべて開いた状態での寸法は303×411×117mm、プロペラを外し折りたたむと365.2×224.3×89.9mm。

     ドローン本体の重量は1006グラム。操作はタッチスクリーン搭載のコントローラーで、フライト時間は20分。最高速度は秒速15m、最大距離は1000m、最大飛行高度は4500mとなっています。

    gopro5.jpg
     また、スタビライザーをドローンから取り外して付属のハンドグリップにも取り付けることで手持ちのジンバルとして使えるのも特徴。ブレの少ない映像を撮影することができます。

     日本での発売時期と価格は未定ですが、発表会では「日本では今年の秋に発売したい」というアナウンスがありました。アメリカでの価格は799.99ドルと発表されているので、日本でもドローン入門機として魅力的な価格になりそうです。ジンバルとしても使えることを考えるとかなりお得と言えるかもしれません。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング