Newsweek

出版市場

アマゾンが電子書籍とプリント・オン・デマンドをシームレスに

2016年10月18日(火)12時00分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

    Mike Segar-REUTERS

    <アマゾンが、電子出版とオンデマンド印刷を統合しようとしている。現在は少部数の分野だが、出版の「大統合」プラットフォームを構想していることは明らかだろう...>

     米アマゾンはPoD(プリント・オン・デマンド)を使った印刷本出版の拡大に対応するため、KDP(キンドル・ダイレクト・パブリッシング:電子書籍セルフ出版サービス)とCreatespace(自費出版、オンデマンド印刷サービス) を統合したインタフェース KDP Print のベータテストを7月から開始している。ドイツでも始めていることから、世界展開を前提にしていると考えられている。「KDP印刷本」の増加は、市場にどんな影響を与えるだろうか。

    E-BookとPoDの管理をシームレスに

     アマゾンがテストしているのは、KDP (E-Book)とCreatespace (PoD)の販売情報を統合するインタフェースで、出版者は両方を同時に管理することが出来る。今のところ、これを使えるのは選ばれたユーザーのみで、詳細は明らかではないが、KDPユーザー・フォーラムへの投稿によれば、少なくとも、KDP Printのダッシュボードを使って、両フォーマットをカバーする販売レポートを生成することが出来る。現在のところは、プラットフォームの統合というよりは、KDPユーザーがPoDを使いやすくするものという印象のようだ。

     KDP Printじたいは、たしかにそうしたものだろう。しかし、アマゾンがPoDあるいは印刷本を含む出版の「大統合」プラットフォームを構想していること、このサービス・インタフェースがその入り口であることは明らかであると思われる。PoDは、これまで基本的に少部数のもので、これが収益を生むビジネスになった例は少ない。多くの著者はこれを献呈など補助的なものとして使っている。収入はKDPで十分でということだ。

     しかし、アマゾンはこのバランスが固定的なものと考えていない。PoDの品質・価格が魅力的なものとなり、サービスが多様化し、書店チャネルが開拓され、一部は5千部以下の少部数印刷の市場と融合することで新しい市場が生まれると見ている。つまり、PoDと少部数出版市場、大部数出版市場とは連続し、E-Bookが印刷本のヒットにつながったように、PoDからベストセラーまでの距離は意外に近いが、その可能性を現実化するのは、市場の動態を把握し、ロジスティクスを持ったものになるはずだ。

    PoDの可能性:部数ゼロからの出発

     課題は多いが、デジタル印刷とロジスティクスの結合は、印刷本市場を大きく変える。この変化には大出版社も対応し、独自の生産・流通拠点の整備に乗り出している。印刷本の効率化(利益率向上)を独自に進めるためのもので、これは当然のものだろう。

     アマゾンにとって、E-Bookの次のステージは(当然にも)印刷本である。lurbの成功は、高品質化対応によるPoDの市場性を示している。しかし、印刷本では著者/出版者が頭を使うべき要素が格段に増える。仕様、刷部数、在庫の可否、E-Bookの価格調整、書店との関係や販促方法など、判断すべきことは商業出版社と変わらない。著者やそのパートナーとなるプロフェッショナルが、どれほどのことが出来るかは、ストアが提供する情報の「適切性」にかかっている。

     そこで必要なものは、Kindleストアに最適化されたダッシュボードの拡張だろう。ダッシュボードは複数の情報源からデータを集め、概要をまとめて一覧表示する機能や画面、ソフトウェアのセットで、KDPの成功に大きく貢献した。Createspaceとの統合によるKDP Printは、その入口となる。

     アマゾンが目指しているのは「大」からではなく「小」から、つまり自主出版からのアプローチで、在来出版ニーズにも対応するものとなる。そしてオンラインで完結するものでもなく、ロジスティクスと在来書店を含むものとなるだろう。つまり、数千部単位以下で散発的に発生する需要パターンに最小コストで対応することで、購入者からの単発というPoDの壁を越え、出版者に最適化された発注という、少部数出版の効率化とシームレスにつなげようというものだ。PoDは出版社がリスクも負担しない代わりに、市場としての可能性は非常に低い(それでもゼロではないことが重要だ)。

     アマゾンはゼロから始めるPoDの向こうに、「不採算本」を宝の山に変える機会を見ているのだ。何年かかるかわからないが、おそらく5年以内には自主出版/中小部数出版の活性化を実現するプラットフォームを構築するだろう。


    ※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

    images.jpg

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファーウェイの正体

    本誌 最新号

    特集:ファーウェイの正体

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    2019年5月21日号  5/14発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

    • 2

      米中交渉決裂、追い込まれた習近平

    • 3

      違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

    • 4

      「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は…

    • 5

      イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

    • 8

      中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

    • 9

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 10

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

    • 4

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 5

      トランプの言うことは正しい

    • 6

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 3

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 9

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える