Newsweek

憲法

憲法70歳の改憲論議、対立軸は左右より世代間へ

2016年11月12日(土)11時00分
河東哲夫(本誌コラムニスト)

     今の国際環境は冷戦後の第2局面にある。ソ連崩壊後、一極支配を謳歌したアメリカは、傲慢に溺れて失敗した。「中東を改造し民主化」すると称して始めたイラク戦争は民主化どころか、中東諸国で塩漬けにされてきた諸勢力間の対立を明るみに出し、ミニ大戦の様相を呈した。

     戦費の垂れ流しによる財政危機にリーマン・ショックが追い打ちをかけ、米国内を含めて世界的に格差を大きく広げた。そうやって、アメリカは内外でその指導力を低下させた。

     その中で、日本は武装解除状態のままでいることはもうできない。米軍は抑止力として相変わらず不可欠の存在だが、尖閣諸島くらいは日本自身の力で守れなければなるまい。そのためには、個別・集団的自衛権の存在と自衛隊は憲法でしっかりと規定されねばならない。

    【参考記事】日本と中東の男女格差はどちらが深刻か

     憲法ももう70歳。世代交代の時期だ。改憲の問題は、アメリカに対する敗戦の恨みを忘れないウルトラ保守、あるいはソ連や中国の共産主義への幻想を持つ革新勢力に独占されてきた。両者の対立をメディアが現実離れしたドラマに仕立てて商売の手段としてきた感がある。

     憲法は日本人の安全と職と権利を守る枠組みを提供し、社会や世界の変化に追い付いたものにしなければならない。怨念、情念、イデオロギーや政治的打算から離れ、普通の人たちによる議論を改憲に反映してほしい。

     保守・革新よりも、これから何十年も難しい世界の中で生きていかねばならない後進の世代の声こそ、きちっと反映されるべきだ。そうなれば、野党の改憲反対運動も気が抜けたものとなるだろう。

    [2016年11月 8日号掲載]

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    本誌 最新号

    特集:CIAが読み解くイラン危機

    40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

    2020年1月28日号  1/21発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 2

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、アメリカから大批判「現実からズレすぎ」

    • 3

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗の強さの根源は同族経営にあり

    • 4

      日本の高齢者のITスキルが、世界の中でも著しく低い…

    • 5

      「ゴーンは無罪の可能性高い」元特捜部検事が語る

    • 6

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 7

      「ブラック・プリンセス」メーガン妃は人種差別の被…

    • 8

      放射線治療中、目が発光している様子がはじめて撮影…

    • 9

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 10

      新型肺炎の真実を伝える調査報道記者は、中国にはも…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内実は

    • 3

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メーガン妃の野心

    • 4

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 5

      韓国・文在寅政権──モンスターになってしまったモン…

    • 6

      文在寅の2032年夏季五輪(南北共同招致)計画に、ア…

    • 7

      オーストラリア森林火災、「ウォンバットが野生動物…

    • 8

      教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

    • 9

      世界最古級の「千年企業」が幾つも......日本の老舗…

    • 10

      TWICEリーダー、ジヒョの発言で炎上した「웅앵웅」とは…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      日本不買運動で韓国人が改めて思い知らされること

    • 3

      韓国、長引く不況を「ノージャパン運動」が覆い隠す

    • 4

      複数の海外メディアが行くべき旅行先として日本をセ…

    • 5

      トランプが52カ所攻撃するなら、イランは300カ所攻撃…

    • 6

      韓国の自動車が危ない?

    • 7

      イラン軍司令官を殺しておいて本当の理由を説明しよ…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      英王室に爆弾を放り込んだスーパーセレブ活動家メー…

    • 10

      訪韓日本人数が訪日韓国人数を上回った ......その内…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】バブル崩壊でスペインに残った砂の城