Newsweek

日米関係

「トランプ大統領誕生」で日本のメリットは何か?

2016年11月14日(月)17時20分
古谷経衡(文筆家)

    今年6月、日米印の共同軍事演習で沖縄沖に出動した米空母「ジョン・C・ステニス」 NOBUHIRO KUBO-REUTERS

    今度はトランプ幻想?

     トランプ氏当選から一夜明けた11月10日、日本ではいまだ恐慌・パニックともいうべき動乱が続いている。その恐怖に対する心の防御反応なのだろうか、にわかに日本側から「トランプが実際に政権を運営すれば、理性的な補佐官や共和党重鎮が指導し、実際にはこれまでの言動を反故にしたり軟化させたりする」というものが出てきた。私に言わせれば、これは体の良い「願望」である。

     もしヒラリーが大統領になっていれば、こういったことを開陳する人々は、ヒラリーの「日米同盟重視」という文句を「実際には反故にしたり硬化させたりする」などと論評していただろうか。いやしないだろう。トランプが大統領になったら日本に対して融和的な方針に転換する、というのは、「そうあってほしい」という願望の類であり意味はない。

     むしろあれだけ日本を敵視する発言を行ってきたトランプが、政権が発足するとがらりと180度転換して「日本重視」を鮮明にするなら、その言葉にこそ疑いをはさまなければらないだろう。自分の願望に都合の良い言動は額面通り受け取り、願望に沿わない意見は「実際は違う、本心では違う」などと想像をたくましくさせるのは、致命的な思考の欠陥と言わなければならない。

    【参考記事】トランプ政権の対日外交に、日本はブレずに重厚に構えよ

     トランプは日本敵視というか、日本無関心の姿勢を貫いている。日米の戦後史についても無頓着をうかがわせる。ちくま文庫刊『トランプ自伝』には、当時バブル経済に沸く日本を「不当な貿易政策でアメリカから富を収奪して経済大国になった」という趣旨の記述がある。この本は80年代末に出版されたものだが、トランプの対日姿勢はこの時からほぼ変化がない。

     しかし株価や為替が大きな展開を見せ、すでに混乱状態にある日本にとって、なにもトランプ大統領誕生はデメリットばかりではないのだ。

    トランプが与える日本人への精神的インパクト

     トランプ大統領が日本にとって与える大きなメリットの中で、最大のことは、日本人の精神性の変化である。トランプ大統領誕生からすでに二日目のきょう(11月10日)の段階で、「在日米軍がいなくなったらどうするか」「自衛隊を増強するよりほかないのではないか」「しまいには核武装という選択肢も考えないと」などという声が、巷間聞こえてくる。それまで割と政治的に無色で、特に外交安全保障について無頓着だった人が、「米軍が出ていくなら自衛隊の予算を増やして頑張ってもらうしかない」などと言ってはばからない。核武装の是非や、防衛予算をどの程度増強するのがよいのかには議論はあるが、これはすわトランプによって引き起こされた日本人の精神的激変だ。

    【参考記事】世界経済に巨大トランプ・リスク

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 5

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 6

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリ…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 10

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係