Newsweek

ストーブ

冬のキャンプを癒し空間に。テント内に設置可能な小型薪ストーブが続々登場

2016年11月24日(木)16時10分
geared (ギアード)

     フィールドやテント内で使えるポータブルな薪ストーブが増えてきています。揺れる炎と薪が燃える音で、冬場のキャンプに癒しの空間を演出してくれる薪ストーブ。ポータブルなものが増えたことで、薪ストーブが使いたいという理由で冬キャンプを楽しむキャンパーが増えそうな予感がします。
     そこで、ポータブルでテント内にインストール可能なものをピックアップしてみました。

    ANEVAY Frontier Plus

    Frontier2.jpg

     イギリスのブランド ANEVAYから最新のポータブル薪ストーブ Frontier Plusが登場しています。

     軽量で持ち運びも簡単なポータブル薪ストーブで、3本の脚は折りたたみでき、煙突は5本に分割して全てストーブ内に収納可能。旧モデルのFrontier Stoveから進化して、扉にガラス窓がついたので薪が燃える様子を眺めながらリラックスタイムを過ごせるのが魅力。詳しいスペックは記載されていませんが、旧モデルのFrontier Stoveでは、収納サイズは300mm×300mm×500mm、重さは12kgとなっています。

    製品名:Frontier Plus メーカー:ANEVAY 価格:£299

    【参考記事】いま、ハンモック界が熱い。その最前線と基礎知識

    Tentipi Eldfell

    Eldfell.jpg

     スウェーデン発の人気ティーピーテント Tentipi専用の薪ストーブ Eldfell。

     薪ストーブをテント内で使う場合、煙突で排気をテントの外に出す必要がありますが、Tentipiのティーピーテントには、頂点に煙突用の穴があらかじめ開いていて、専用のポータブル薪ストーブEldfellも販売されています。煙突は、全てストーブ内に入れ、足を折りたたんでウッドボックスに収納可能。収納サイズは、330mm×380mm×600mmで重さは14.1kg。Tentipiと合わせてテント内で使うならコレでしょう。

    製品名:Eldfell メーカー:Tentipi 価格:¥109,000(税抜)
    .

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング