Newsweek

音声アシスタント

深い感動を導くアマゾンの音声AIアシスタント+コンテンツの可能性

2016年12月28日(水)14時00分
鎌田博樹(EBook2.0 Magazine)

    tatyana_tomsickova-iStock

    <アマゾンのAIパーソナルアシスタント「Alexa」を使ったクリスチャン向けのサービスが始まった。声で呼びかける音声アシスタントとコンテンツのマッチンチングが喚起する深い感動は、さまざまな分野に適用できそうだ>

     ハーパーコリンズ社 (HC Christian Publishing)は、12月12日からアマゾンの音声サービスAlexaを使い、クリスチャン向けに祈りの日課プログラムの提供を開始した。"skill"と呼ばれる専用アプリをAlexa対応デバイスにダウンロードすることで使用可能となる。宗教出版の音声エージェント利用は成長性が高いとみられる。

    「ディヴォーション」体験を通してコンテンツを販促

     キリスト教では祈りを[devotion, devotio=献身、敬虔]としてとくに重視している。聖書には1日7回と規定されおり、イスラム教の礼拝(サラート)より2回多い。祈りは静思とともに聖書の通読、聖句解説、執り成しの祈りなどから成る。HC Christianの消費者サービス(D2C)マーケティング担当のサリー・ホフマンSVPは、「このプログラムは、声を使って著者の素晴らしいコンテンツを広める、かつてない機会を提供するものです。」と述べ、同社のDevotionals Dailyブランドを使ったテストでは、このフォーマットが大きな反響を得たことが確認されたとしている。

     コンテンツは、「世界最大のクリスチャン出版社」であるHC ChristianのThomas Nelson および Zondervanブランドから提供されるが、中には著者自身の語りによるものが多く含まれており、それによってリスナーの深い体験を期待している。問題は出版社とアマゾンのビジネスモデルだが、Alexaはアマゾンのショッピングカートと連結しており、リスナーがAlexaに書名をカートに入れるように告げると、すぐにお買い上げを待っている状態になるという。ユーザーはフォーマット(印刷本、E-Book、A-Book)を選ぶだけでよい。同社はとくにギフト需要に期待している。

    音声/エージェントとのカップリングは完璧

     現在でも、声とのつながりが最も強いコンテンツは「祈り」に関するものだろう。もともと祈りは耳で聴き、声で呼びかける身体的な体験だった。詩と同じく、経文は黙読するためにつくられてはいない。近代の出版は、聖書をベストセラーにしたが、人々のつながりを弱めた可能性がある。出版だけでは成り立たない仏教は急速に衰退した。宗教的コミュニケーションは、文字による知識と情報だけで維持することは難しい。"Devotionals skill" は読者のエンゲージメントをディヴォーションにまで高めることが期待されている。

     宗教書出版はデジタルメディアに魅力を感じながらも、読者=信者の生活習慣にまで定着するようなコンテンツ化を探しあぐねてきたが、音声/エージェントによる「祈り」のプログラムは、確実な成功が見込めるものと考えられる。成功すればイスラム教や仏教、ヒンドゥー教、新興諸宗派にも拡大する。それは、(1)オンデマンドのラジオ・プログラム、(2)日課としての祈り、(3)信者への強い説得力、(4)コンテンツ消費との結びつき、(5)拡張性、という要素を兼ねているからだ。このモデルは、別に宗教に限るものではなく、ディヴォーションが期待できるアイドル・ビジネスにも適用できそうだ。

    アメリカでは2015年6月に発売された音声アシスアント「Amazon Echo」にAIアシスタント「Alexa」は搭載されている。日本ではまだ未発売。


    ○参考記事
    International Notes: HarperCollins' Word of Prayer With Alexa; Registration for Spring Trade Shows, By Porter Anderson, Publishing Perspectives, 12/13/2016


    ※当記事は「EBook2.0 Magazine」からの転載記事です。

    images.jpg

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 5

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 6

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリ…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 10

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係