Newsweek

<ワールド・ニュース・アトラス/山田敏弘>

サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目される理由

2017年3月22日(水)17時40分
山田敏弘(ジャーナリスト)

    政治対立が続くモルディブ(写真は2012年に首都マレで抗議の声を上げるナシード元大統領の支持者) Adnan Abidi-REUTERS

    <サルマン国王がモルディブ訪問を急遽中止したのは、テロの懸念があったから――インド洋の島国モルディブは今、大国同士のせめぎ合いの渦中にある>

    サウジアラビアのサルマン国王一行が、1カ月近くに及んだアジア歴訪を終えた。

    サルマン国王は4日間の日程で日本にも立ち寄り、安倍晋三首相と会談するなど、サウジアラビアへの積極的な投資を求める旅になった。その後、一行は中国に立ち寄って関係強化を演出し、順調に外交行脚を続けたが、最後の動向が憶測を呼んでいる。

    帰国前に予定されていたモルディブへの訪問を急遽キャンセルしたのだ。

    モルディブ政府によれば、キャンセルの理由は国内で流行している豚インフルエンザを警戒してのことだった。だが専門家に言わせれば、それはあくまで表向きの理由で、本当の理由は別のところにあった。

    サルマン国王一行に対するテロの懸念が指摘されたからだという。

    なぜ、サルマン国王がモルディブで命を狙われなければならないのか。その背景には、モルディブが地政学的に重要な国として注目度が高まっているために、サウジアラビアが強引に影響力を強めようとしていることがある。ただモルディブを取り込みたいのはサウジアラビアだけではない。中国もモルディブを取り込み、インドやアメリカをけん制するという構図がある。今モルディブはどんな状況に置かれているのか。

    【参考記事】外国人労働者に矛先を向ける「金満国家」サウジアラビアの経済苦境

    モルディブは、インド洋に浮かぶ1192の島々からなる島国で、国土の総面積は東京23区の約半分ほど。国内の島々はインドの南西に連なるように並んでおり、中東やアフリカからアジア、オーストラリアへと抜ける重要なシーレーンに近い。島々のリゾート地による観光業に依存しており、食料の9割を輸入に頼っている。40万人の人口のほとんどは、イスラム教スンニ派だ。

    そんなモルディブを、同じイスラム教スンニ派が多数を占めるサウジアラビアは、インド洋の戦略的に非常に重要な国と位置付けている。そしてモルディブに対する影響力を確保するため、惜しみなくオイルマネーを使ってきた。

    例えば2013年には経済の停滞に苦しむ同国に3億ドルを用立てし、2015年には予算の足しにと2000億ドルを提供。また軍事施設の建設に5000万ドルを支払う約束をしたり、北部の環状サンゴ礁を港として使えるかどうかの研究費用に100万ドルをポンと提供したりしている。こうした投資以外にも、モスクやアラブ文化の施設を建設している。とにかく、金をばら撒いている印象だ。

    こうした取り組みのおかげもあってか、モルディブは2015年にサウジアラビアのライバル国でシーア派国家のイランと国交を断絶した。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファーウェイの正体

    本誌 最新号

    特集:ファーウェイの正体

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    2019年5月21日号  5/14発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

    • 2

      米中交渉決裂、追い込まれた習近平

    • 3

      違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

    • 4

      イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

    • 5

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 6

      「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は…

    • 7

      シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

    • 8

      中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

    • 9

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

    • 4

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 5

      トランプの言うことは正しい

    • 6

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 3

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 9

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える