Newsweek

<ワールド・ニュース・アトラス/山田敏弘>

サイバー攻撃で他国を先制攻撃したいドイツの本音

2017年4月11日(火)18時00分
山田敏弘(ジャーナリスト)

    ドイツはこれまで密かにサイバー工作を続けていた(写真は儀式中に黙祷するドイツ連邦軍の兵士) Hannibal Hanschke-REUTERS

    <ロシアからのサイバー攻撃に悩まされるドイツが今月、遅ればせながら連邦軍にサイバー部隊を発足。しかしドイツがこれまで、密かに友好国などにサイバー工作を仕掛けてきたことはあまり知られていない>

    今月ドイツで、正式にサイバー部隊が発足した。

    ブンデスヴェーア(ドイツ連邦軍)は、かつて西ドイツの首都だったボンに、「サイバー・アンド・インフォメーション・スペース・コマンド(CIR)」を設立した。260人体制でスタートしたCIRは、7月までに1万3500人規模になり、2021年までかけて軍隊として完全に機能させることを目指すという。CIRのサイバー兵士たちは陸軍や海軍、空軍の兵士たちと同等に扱われ、防衛のみならず、攻撃的なサイバー作戦にも従事することになる。

    2016年6月、NATO(北大西洋条約機構)はサイバー空間が陸海空と同じ戦闘領域であると正式に指定した。米国防総省は2011年の段階で「サイバー空間作戦戦略」の中で、陸空海と宇宙に次いで、サイバー空間を作戦領域に加えているが、そう考えるとかなり遅いと言える。

    ではなぜ今なのか。その背景のひとつにはロシアのサイバー攻撃がある。ドイツは、ロシアの仕業とみられる政党へのサイバー攻撃だけでなく、プロパガンダやフェイクニュースの拡散工作に悩まされている。なにしろドイツは今年9月に総選挙を控えている。

    【参考記事】エクアドル大統領選に「介入」したアサンジの迷走

    そんなドイツが、実はこれまでもサイバー空間で「暗躍」してきたことはあまり知られていない。世界的に見ると、サイバー工作を行っている国としてはアメリカや中国、ロシアなどが言われているが、ドイツも負けてはいない。

    直近では2017年2月、ドイツの諜報機関である連邦情報局(BND)がサイバー工作をしていることが明らかになった。1999年から米ニューヨーク・タイムズ紙や英ロイター通信、英BBCなどの電子メールから電話、ファックスまでをスパイしていた。さらにレバノンやクウェート、ジンバブエ、インド、ネパール、インドネシアなどのジャーナリストたちもターゲットになっていた。

    ロイター通信の場合は、アフガニスタンやパキスタン、ナイジェリアにいたスタッフが対象になっていたとのことだが、著者もロイター通信に勤務していた時代にアフガニスタンやパキスタンと頻繁にメールや電話でやりとりしていただけに、他人事とは思えない。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 2

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

    • 5

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 6

      メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

    • 7

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 8

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 9

      韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

    • 10

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 7

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係