Newsweek

朝鮮半島

韓国・文大統領、北朝鮮の脅威をテコに念願の原潜建造?

2017年8月10日(木)20時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


    ■原子力潜水艦の建造について SBS / YouTube

    盧武鉉政府下の2003年には、軍は原子力潜水艦3隻の建造を目指し、"362事業団"と呼ばれる極秘プロジェクトチームを結成していた。362事業団は、中核となる技術の潜水艦用原子炉の基本設計まで終えたが、その活動がメディアに知られ発足から1年で解体され、それ以来原子力潜水艦の建造は封印された。

    だが今や状況は変わった。当時362事業団長だったムン・グンシクは「今、北朝鮮は核ミサイルを開発し頻繁に挑発してきており、私たちの安全保障だけでなく、米国にも脅威となっている。必ず原子力潜水艦を建造する必要がある」と語っている。

    また文政権の国防長官となったソン・ヨウンは362事業団が活動していた当時、海軍の戦力を統括する企画参謀部長だった人物だ。実際、就任前の6月28日に行われた候補者に対する人事聴聞会でも原子力潜水艦の導入の必要性を語っており、就任後の7月31日国会で開かれた国防委員会全体会議でも「原子力潜水艦の導入を検討する準備ができている」と述べている。

    【関連記事】文在寅は「反日」「親北」なのか
    【関連記事】北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

    このソン国防部長官の発言は、文の大統領選挙時の選挙公約とも一致している。文は4月に行われた討論会で原子力潜水艦の導入の必要性を問う質問に「核を燃料として使用する潜水艦は、韓米原子力協定に違反していない。今、原子力潜水艦は、私たちに必要な時代になった」と強調している。また当時の文は、大統領になれば韓米原子力協定を改正し、原子力潜水艦を建造すると明らかにしていた。

    ここで問題になるのがアメリカ側の同意だ。原子力潜水艦は、少なくとも20%の濃縮ウランが使用されるが、これを第三国から輸入したとしても、米韓原子力協定によって米国の同意がなければ、軍事用として使用することができないからだ。このため、7日の電話会談で文が原子力潜水艦建造についてトランプへ理解を求めたのだ。

    本誌紹介

    特集:バイデン vs 中国

    本誌 最新号

    特集:バイデン vs 中国

    トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

    2021年1月26日号  1/19発売

    人気ランキング

    • 1

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 2

      議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、取り巻きたちの全内幕

    • 3

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」が盗難

    • 4

      米議会襲撃で盗難されたペロシ下院議長のパソコン、…

    • 5

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 6

      コロナ対策でいよいよ「野良猫狩り」にまで乗り出し…

    • 7

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」…

    • 8

      米司法省、議会襲撃めぐり地方政府当局者を逮捕 大統…

    • 9

      文在寅、元徴用工訴訟の日本企業資産の現金化「望まし…

    • 10

      「三体」? 3つの恒星を持つ系外惑星が特定される

    • 1

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 2

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

    • 3

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

    • 4

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 5

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 6

      「生意気な青二才」「お前が言うな」批判も浴びた金…

    • 7

      七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

    • 8

      トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

    • 9

      「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

    • 10

      米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

    • 1

      「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

    • 2

      新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

    • 3

      脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北上しているおそれ

    • 4

      マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器…

    • 5

      世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

    • 6

      ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

    • 7

      アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

    • 8

      北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

    • 9

      無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

    • 10

      米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】埋もれゆくシベリア「骨の道」の記憶