Newsweek

朝鮮半島

韓国・文大統領、北朝鮮の脅威をテコに念願の原潜建造?

2017年8月10日(木)20時55分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部


    ■原子力潜水艦の建造について SBS / YouTube

    盧武鉉政府下の2003年には、軍は原子力潜水艦3隻の建造を目指し、"362事業団"と呼ばれる極秘プロジェクトチームを結成していた。362事業団は、中核となる技術の潜水艦用原子炉の基本設計まで終えたが、その活動がメディアに知られ発足から1年で解体され、それ以来原子力潜水艦の建造は封印された。

    だが今や状況は変わった。当時362事業団長だったムン・グンシクは「今、北朝鮮は核ミサイルを開発し頻繁に挑発してきており、私たちの安全保障だけでなく、米国にも脅威となっている。必ず原子力潜水艦を建造する必要がある」と語っている。

    また文政権の国防長官となったソン・ヨウンは362事業団が活動していた当時、海軍の戦力を統括する企画参謀部長だった人物だ。実際、就任前の6月28日に行われた候補者に対する人事聴聞会でも原子力潜水艦の導入の必要性を語っており、就任後の7月31日国会で開かれた国防委員会全体会議でも「原子力潜水艦の導入を検討する準備ができている」と述べている。

    【関連記事】文在寅は「反日」「親北」なのか
    【関連記事】北朝鮮は戦争をしたいのか?したくないのか?

    このソン国防部長官の発言は、文の大統領選挙時の選挙公約とも一致している。文は4月に行われた討論会で原子力潜水艦の導入の必要性を問う質問に「核を燃料として使用する潜水艦は、韓米原子力協定に違反していない。今、原子力潜水艦は、私たちに必要な時代になった」と強調している。また当時の文は、大統領になれば韓米原子力協定を改正し、原子力潜水艦を建造すると明らかにしていた。

    ここで問題になるのがアメリカ側の同意だ。原子力潜水艦は、少なくとも20%の濃縮ウランが使用されるが、これを第三国から輸入したとしても、米韓原子力協定によって米国の同意がなければ、軍事用として使用することができないからだ。このため、7日の電話会談で文が原子力潜水艦建造についてトランプへ理解を求めたのだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:人生を変えた55冊

    本誌 最新号

    特集:人生を変えた55冊

    コロナ自粛の夏休みは読書で自分を高めるチャンス──世界と日本の著名人が教える「価値観を揺さぶられた本」

    2020年8月11日号  8/ 4発売

    人気ランキング

    • 1

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 2

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」のリアル

    • 3

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 4

      原爆投下75年、あの日アメリカが世界に核兵器をもた…

    • 5

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 6

      脱北者、北に逃げる。物語で描かれないその素顔

    • 7

      日本人の「集団主義」「同調圧力」には良い面も悪い…

    • 8

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 9

      地球上で最も天体観測に適した場所が特定される──し…

    • 10

      「消費減税に安倍首相も関心、税率ゼロ%の方が対応容…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 4

      K-POPも韓流ドラマも実は世界で売れていない? 韓国…

    • 5

      陽性者急増、名古屋の医師が懸念する「市中感染」の…

    • 6

      奇妙な北朝鮮「戦勝記念日」写真 金正恩の名を刻み…

    • 7

      再開は早過ぎた?クルーズ船でクラスター発生、寄港…

    • 8

      『レオン』が描いた少女の性と「男性目線」

    • 9

      【レバノン大爆発】日頃の戦争を上回る最大の悲劇に…

    • 10

      【独占】押谷仁教授が語る、PCR検査の有用性とリスク…

    • 1

      コロナ感染大国アメリカでマスクなしの密着パーティー、警察も手出しできず

    • 2

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは......?

    • 3

      中国・長江流域、豪雨で氾濫警報 三峡ダムは警戒水位3.5m超える

    • 4

      「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

    • 5

      中国から米国に「謎の種」が送りつけられている.....…

    • 6

      韓国、コロナショック下でなぜかレギンスが大ヒット …

    • 7

      ハチに舌を刺された男性、自分の舌で窒息死

    • 8

      宇宙観測史上、最も近くで撮影された「驚異の」太陽…

    • 9

      アメリカが遂に日本政界の媚中派を名指し批判──二階…

    • 10

      中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊は…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】幸せを探してスクールバスのわが家は走る