Newsweek

中国経済

中国崩壊本の崩壊カウントダウン

2017年10月27日(金)17時30分
高口康太(ジャーナリスト)

    世界最大の人口を擁する中国の経済を予測することは専門家でも難しい(北京) Kim Kyung Hoon-REUTERS

    <問題を抱えた中国経済は早晩崩壊する――根拠なき崩壊論に訪れる曲がり角。「反中本」はなぜ生まれ、どう消費されてきたか>

    一世を風靡した「中国崩壊本」が今、曲がり角を迎えている。

    中国崩壊本とは「中国経済は数々の問題を抱えており、早晩破綻する」と主張する書籍や雑誌のことだ。いわゆる「反中本」の中でも、主に経済に論考が限定されている。アメリカにも存在するが、日本での出版数が圧倒的だ。

    「世界第2位の経済大国を自称するが、統計はごまかしが横行している。実際のGDPははるかに少ない」「軍事費や治安維持費が右肩上がりに増えており、高成長を維持できなければ国家が破綻する」「中国の暴動・ストライキの数は年10万件超。成長率が下がれば国が持たない」「不動産バブルは既に限界」......といった個々の事象を基に、中国経済が立ちゆかなくなると結論付けるのが一般的だ。

    05年の反日デモ、08年の中国製冷凍ギョーザ中毒事件、10年の尖閣諸島沖中国漁船衝突事件、12年の日本政府による尖閣国有化に伴う反日デモと、日中間で衝突が起きるたびに中国崩壊本は出版されてきた。

    曲がり角を迎えている最大の理由は、10年以上前からオオカミ少年のように「間もなく崩壊する」と言い続けたのに中国経済が一向に崩壊しないからだ。「崩壊詐欺」とも批判を浴びている。

    そして、本の売れ行き自体も低調になった。「あの手の本には一定の支持層がいるが、大きく売り上げを伸ばすためには中国との『事件』が必要」と、中国崩壊本を何冊も手掛けてきた日本人編集者は言う。「現在、日中関係は安定しているので、ある程度は売れるもののそれ以上の大きな伸びは見込めなくなった」

    このような本が売れた背景には、日本社会の変化がある。00年代以降、排外主義的な傾向が強まり、「ネトウヨ」と呼ばれるネット右翼が台頭。ナショナリズムによりどころを求める風潮も広がった。

    しかし中国崩壊本を買っていたのは彼らだけではない。ネトウヨ層の中核は実は40代とされるが、彼らは主にネットを利用し紙媒体とは隔絶した空間に生きている。出版社によれば、崩壊本の主要読者層は60代前後。著名作家の本は確実に1万部は売れる。

    出版不況の中、一定数が売れるので書店も販売スペースを確保し、平積みして陳列する。日中間でトラブルや事件が起きたときに「中国のことを知りたい」と書店に訪れた一般読者が、大々的に並ぶ中国崩壊本を手に取る――というサイクルが成立してきた。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 2

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切られた怒りは激烈

    • 3

      中国請負の高速鉄道建設が工期遅延に予算超過 インドネシア、入札に敗れた日本の参加要望

    • 4

      ミネアポリスの抗議デモが暴動に......略奪から店舗…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      デーブが語る、『テラハ』木村花さんの死は何が問題…

    • 8

      【大江千里コラム】だから僕はポップスを手放した

    • 9

      ブラジルのコロナ無策は高齢者減らしのため?

    • 10

      ブラジル、新型コロナ感染爆発 1日で過去最多2万641…

    • 1

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 2

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 3

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      ギター人気復活を導く「スーパークール」な和製ギター

    • 7

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 8

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 9

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 10

      東京都、新型コロナウイルス新規感染15人 2桁台で3…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 9

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩