Newsweek

映画

文在寅、現職大統領で初訪問 支援と不介入を約束した釜山国際映画祭

2017年10月30日(月)08時17分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

    「ナラタージュ」でアジアスターアワード賞を受賞した有村架純 (c) BIFF / YouTube

    <昨年はさまざまなトラブルに見舞われた韓国・釜山国際映画祭。今年は果たしてどんなプログラムと映画人、そして話題が集まった?>

    今年も韓国の映画界にとっては秋の風物詩ともいえる「釜山国際映画祭」が開幕、22回目を迎えた今年は10月12日から21日まで開催された。

    去年は映画「ダイビングベル セウォル号の真実」が引き金となって巻き起こった当時の朴槿惠(パク・クネ)政権率いる行政の介入に反対した映画関係者たちのボイコット問題や、それに追い打ちをかけるように台風が直撃し、映画祭中に予定していた様々なイベントを中止せざる負えない状況になるなど、ネガティブな話題が多かった(拙稿「セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が噴出した釜山映画祭」参照)。その結果、来場者数はそれまでの平均来場者数22万人から16万5000人と大きく落ち込んでしまった。

    さて、今年の釜山国際映画祭はどうだったのだろうか。入場者数は19万2991人と、去年に比べると17%アップし客足も少しづつ戻ってきたようにうかがえる。

    有村架純から故・鈴木清順まで、日本の映画人が受賞

    今年の上映作品の特徴として日本映画の選出率の高さが注目された。総上映作品は、75カ国から298本が上映され、そのうち日本映画が過去最多の41本。さらに、コンペティションとして注目される「ガラプレゼンテーション」招待作5作品のうち3作品(日韓合作も含む)が日本映画という異例な状況。そして、アジアを代表する映画祭を謳う理由であり、映画祭のメインセクションである「アジア映画の窓」では、56作品のうち14作を日本映画が占めた。

    様々な賞がたくさんあるのも釜山国際映画祭の特徴の一つだが、今年は日本映画の受賞も注目された。キム・ジソク賞「羊の木」、ドキュメンタリー部門「ニッポン国VS泉南石綿村」、ワイドアングル「A Free Man(日独合作)」。さらに、「メアリと魔女の花」で声優を務めた杉咲花がフェイス・オブ・アジア賞に。そして、アジアで活躍するスターを表彰するアジアスターアワード賞を有村架純。アジア映画監督賞は故・鈴木清順監督が受賞するなど、多くの日本作品と日本の映画人の受賞が目立った。


    行定勲、有村架純をはじめ日本からも沢山の映画人が参加した (c) BIFF / YouTube

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      中国にいたパンダに石を投げる愚か者(再生1億回)

    • 8

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 9

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 4

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 5

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 6

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 7

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 8

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 9

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表の…

    • 10

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 1

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 4

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......そ…

    • 8

      日本の重要性を見失った韓国

    • 9

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 10

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】戦火に生まれ、戦火に死ぬクルド兵士