Newsweek

中国社会

「中国の民主化なくして権利擁護なし」――盲目の人権活動家・陳光誠

2017年11月4日(土)15時40分
高口康太(ジャーナリスト)

    陳は今も中国に向けてネット講演を続けている Denis Balibouse-REUTERS

    [2017年11月 7日号掲載]

    <アメリカに逃れた盲目の人権活動家・陳光誠――「維権運動の英雄」が語る共産党独裁政権と中国の未来>

    環境汚染、強引な土地収用、官僚の贈収賄と便宜供与......中国に山積する問題で、人民の正当な権利擁護を求めるのが「維権運動」だ。00年代にピークを迎え、汚染物質排出工場の建設撤回や汚職官僚の罷免など、共産党が譲歩する事態が相次いだ。

    この運動で最も尊敬を集める活動家が陳光誠(チェン・コアンチョン)だ。目が見えないながら独学で法律を学び、当局の違法行為を鋭く追及。一人っ子政策のために横行した強制的な不妊手術を世界に告発した。

    12年に陳が軟禁先の山東省の自宅を脱出し、北京のアメリカ大使館に逃げ込んで米中が外交的に対立した事件は記憶に新しい。

    現在はアメリカで中国の民主化を訴え続ける彼は、共産党大会を経て独裁傾向を強める習近平(シー・チンピン)政権と祖国の未来をどう見るのか。来日した陳にジャーナリストの高口康太が聞いた。

    ***


    ――胡錦濤(フー・チンタオ)体制下では成果を上げた維権運動だが、習近平時代になって苦境に立たされている。党大会で習の権力がさらに強固になった今、岐路に立たされているのではないか?

    歴代の共産党政権に本質的な違いはない。胡錦濤体制では維権運動や陳情の数が少なく、とりわけ地方政府が中央からの叱責を恐れて譲歩する事態が相次いだ。だが今や中央も強圧的な対応を支持していると、地方政府が理解するようになった。

    ――中国の法律を盾に政府の違法行為を追及してきたが、現在は一党独裁の終焉と民主化を求めている。

    民主化が実現しなければ、根本的な権利擁護はなし得ない。この考えは以前から変わらない。中国人も80%はそう考えているだろう。運動が下火になった印象があるかもしれないが、抗議活動の数は減ってはいない。当たり前の話として外国メディアが取り上げなくなっただけだ。

    ――経済的に繁栄するなか、共産党の統治に理解を示す中国人も少なくない。民主主義、人権よりも経済が重要との意見だ。

    そこにも誤解がある。00年代は中国政府に対する抗議の声がネットにあふれていたが、今は少なくなった。それは共産党の検閲の洗練を示している。都合の悪い書き込みを消した結果、政府擁護の声が増えたように見えているだけだ。

    ――あなたを含め多くの活動家が中国を離れた。国外から民主化を進めることは困難では?

    国外の民主化活動家が影響力を持てるかどうか、それはひとえに中国の人々につながるチャンネルを持てるか否かに懸かっている。私はこれまでに中国国内向けに11回もネット講演を行った。検閲を回避して平均3万人が視聴している。さらに、検閲されづらい音声ファイルの形式で講演は拡散されている。 私以外にも同様の取り組みを続ける活動家はいる。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    本誌 最新号

    特集:ニュースを読み解く 哲学超入門

    トランプ現象、移民、監視社会、SNS...... AIも解答不能な難問にあの思想家ならこう答える

    2019年5月28日号  5/21発売

    人気ランキング

    • 1

      元TBSアナ久保田智子:不良だった私が東大に入るまで

    • 2

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 3

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻」以上の危険性とは

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      「イランは終わりだ!」バグダッドの米大使館付近へ…

    • 6

      「幸せな結婚生活」の科学 研究者夫妻が導き出した…

    • 7

      【特別寄稿】TBSアナ久保田智子「私の広島、私達のヒ…

    • 8

      ファーウェイたたきはトランプの大博打

    • 9

      学力格差より深刻な、低所得層の子どもの「自尊心格…

    • 10

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

    • 4

      トランプの言うことは正しい

    • 5

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%…

    • 8

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 9

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 10

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 5

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 6

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 7

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 10

      金正恩の「最愛の妹」身辺に異変か......「米朝決裂…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える