Newsweek

英王室

「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

2017年11月28日(火)16時50分
ローラン・ギル

    婚約発表後、報道陣の前に姿を現したヘンリー王子とマークル(ケンジントン宮殿、11月27日) Toby Melville-REUTERS

    <黒人の母をもつマークルとヘンリー王子の婚約を認めたからといって、英王室とイギリスの人種差別主義は簡単には変わらない>

    イギリスのヘンリー(通称ハリー)王子と米女優メーガン・マークルの婚約が報じられた11月27日、英ガーディアン紙のコラムには「イギリス人の人種との関わり方が永久に変わる」と大きな見出しが躍った。

    けれども、喜ぶのはまだ早い。イギリスの著名な学者2人によれば、マークルは王室のアドバイザーから「バイレイシャル(異人種間、とくに白人と黒人子ども)」であることを隠すよう言われる可能性が高く、イギリスの根強い人種差別をさほど改善させることにはならないという。

    バーミンガム・シティ大学の社会学准教授で、ヨーロッパで初めて黒人研究課程を設立したケヒンデ・アンドリュースは本誌に対し、「黒人のプリンセスは受け入れられないだろう。マークルが受け入れられるには、白人として振る舞うしかない」と述べた。「(黒人プリンセスの誕生を)祝っている人がいるとすれば、世間知らずというものだ。失望を味わうことになる」

    黒人の母と白人の父を持つマークルとヘンリー王子の結婚が認められたのは、イギリスならびに英王室が進歩したことの証し、と一部でもてはやされている。英王室はこれまで白人の血筋を守ってきた(例外は1761年にジョージ3世と結婚したドイツ公女ソフィー・シャーロットで、黒人の血を引いているという説もある)。

    「母親はスラム出身」と揶揄

    イギリスでは、人口の87.1%が白人で、黒人はわずか3%だ。英王室の血筋もそれを反映している。

    バイレイシャルであるマークルが英王室の一員になったくらいで、何百年にもおよぶイギリスの人種差別的な考え方が変わるとは、アンドリュースは考えない。

    「英王室は、大英帝国の白人主義を燦然と象徴する存在だ」とアンドリュースは言う。「真っ白な王室に一滴のコーヒーが混ざったからといって、何の違いも生まれない。王室は王室であり、それが象徴するものも変わらない」

    婚約が発表された日、アンドリュースの友人の白人の隣人は「喪に服すような暗い雰囲気」だったという。その隣人は、王室は「本来のイギリス人像を映すべき」だと言った。「インドの王族は、白人を家族に迎え入れたりしない」

    イギリスのタブロイド紙であるデイリー・メールは、婚約前からマークルの人種について大げさに騒ぎ立て、「ハリーの彼女の母方はスラム出身」と見出しを打ったり、マークルの家系が王室の人間とどんなにかけ離れているかを論じた系図学者が論じた記事を掲載したりした。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    本誌 最新号

    特集:世界を操る政策集団 シンクタンク大研究

    政治・経済を動かすブレーンか「頭でっかちのお飾り」か、民間政策集団の機能と実力を徹底検証

    2019年11月19日号  11/12発売

    人気ランキング

    • 1

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 2

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 3

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 4

      アメリカが繰り返し「ウソ」を指摘......文在寅直轄…

    • 5

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 6

      GSOMIA失効と韓国の「右往左往」

    • 7

      韓国、アイドルオーディション番組「PRODUCE 101」ヤラ…

    • 8

      雨が降ると植物はパニック状態になっていた:研究結果

    • 9

      債券バブルが崩壊したら株式市場はどうなるか

    • 10

      女性の着替えやトイレを監視──入管が組織的セクハラ

    • 1

      日朝戦争なら韓国は北朝鮮の味方、日本はいつの間にか四面楚歌?

    • 2

      文在寅政権の破滅を呼ぶ「憲法違反」疑惑──北朝鮮の漁船員2人を強制送還

    • 3

      ペットに共食いさせても懲りない飼い主──凄惨な退去後の現場 

    • 4

      韓国通貨危機の裏側を赤裸々に暴く 『国家が破産する…

    • 5

      香港デモ隊と警察がもう暴力を止められない理由

    • 6

      母親に育児放棄されたチーターが、犬の「代理きょう…

    • 7

      200万年前の氷が採取されて2年、地球の気候変動に関…

    • 8

      文在寅政権の「自滅」を引き寄せる大統領側近らの忖度

    • 9

      ヤクルトが韓国で最も成功した日本ブランドになった…

    • 10

      中国は「祝賀御列の儀」をどう報道したか?

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      マクドナルドのハロウィン飾りに私刑のモチーフ?

    • 3

      「アメリカは韓国の味方をしない」日韓対立で米高官が圧迫

    • 4

      意識がある? 培養された「ミニ脳」はすでに倫理の…

    • 5

      インドネシア、巨大ヘビから妻救出した夫、ブタ丸呑み…

    • 6

      「武蔵小杉ざまあ」「ホームレス受け入れ拒否」に見る深…

    • 7

      中国人女性と日本人の初老男性はホテルの客室階に消…

    • 8

      ラグビー場に旭日旗はいらない

    • 9

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 10

      アメリカが韓国に「最後通牒」......日本との安保対…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】不世出のスター写真家リチャード・アヴェドンを見つめ続けた16年