Newsweek

SNS

2017年リツイートランキングでオバマがトランプに圧勝

2017年12月7日(木)18時00分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    RTランキングリストにトランプの名前はなかった DKart-iStock.

    <2017年も残すところ1カ月を切った。2位にランクインしたのは「シャーロッツビルの悲劇」を案じたオバマの秀逸なツイート>

    ツイッターは12月5日、2017年に最もリツイート(RT)された投稿リストを発表した。ツイッターと言えば、ドナルド・トランプ米大統領の大胆なツイート「トランプ砲」は、日本企業もその標的になるなど世界的に注目を集めた。もちろんリストに名を連ねたかと思いきや、トランプはランク外。さらに驚くべきことに、トップ5のうち2つはバラク・オバマ前大統領のツイートだった。

    現職を抑える形でランクインを果たしたオバマ、そしてそれをも上回り世間を沸かせた今年の「RT大賞」は......。

    5位 オバマ、去り際の「Thank you」

    オバマの大統領としての最後のつぶやき。1月20日に2期8年の務めをもって退任したオバマは、自分の支持者へ感謝を伝えるとともに変化を起こす力を信じるようメッセージを送った。


    4位 アリアナ、自爆テロ事件を受けて

    5月22日にマンチェスターのコンサートで自爆テロ攻撃を受けたアリアナ・グランデ。事件発生直後に「打ちのめされています。心の底から。本当に本当に申し訳ない。言葉が出てこない」と心境を述べた。テロ実行犯を含む23人が死亡、少なくとも120人が負傷する大惨事となった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

    • 5

      【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

    • 6

      進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

    • 7

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

    • 8

      変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

    • 9

      世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

    • 10

      「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」とい…

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 10

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい