Newsweek

動物

犬が「噛む」のはワケがある 

2017年12月6日(水)18時20分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    「犬が家庭の中で1番好きなのは人間の臭い」 GlobalP-iStock.

    <噛むのを止めさせるには、犬の性質を理解して訓練するのが重要>

    仕事を終えて帰宅したら無残な姿に変わり果てたスリッパと、少し離れた所からうらめしそうにこっちを見る愛犬――。

    犬を飼う人にとってはあまりに馴染み深いエピソードかもしれない。

    単に寂しさから来るやつあたりだと思われがちだが、実は犬の「噛む」という行為にはもっと深い意味があるそうだ。イギリス犬猫行動協会のコリン・テナント会長が科学ニュースサイトの「ライブ・サイエンス」に明かした。

    なぜ「噛む」のか理解することから

    極端な例かもしれないが、1日の仕事でくたくたになった状態で自分のお気に入りのスリッパや毛布などがボロボロになっているのを発見したら、犬を叱りたくなるのが率直な気持ちだろう。しかしここで心に留めておきたいのは「犬が噛むのは人間が部屋のドアを開けて中の様子を伺うようなもの」ということ。「犬には(人間の手のような動きをする)手がないので、その分を口の機能で補う」と30年間犬の行動について研究してきたテナントは説明する。

    もちろんこういったケースで「噛む」ことを加速させている要因のひとつには、飼い主と離れる「分離不安」と呼ばれるストレスがある。飼い主に長時間放置されたり、近くにいる時間が少ないと問題行動を起こし、ひどい場合には「分離不安症」と診断されることもある。

    テナントは、「犬はもともと群れで行動する動物で、1匹にされたくないものだ」と言う。特に「1匹でいることに慣れていない犬は、カーペットをはぎとって噛んだり、激しい行動に出ることがある」

    また犬が噛むのは「味や臭いが強いもの」という傾向がある。テナントによると、家庭の中で犬が最も魅力的に感じるのは人間の臭い。わかりやすいのは脱ぎたての靴だ。さらに革靴は犬にとって惹かれるものがあるという。「野生の犬は動物を食べる捕食者」という本能が刺激されるからだ。

    このほか、木も標的になりやすい。これはカーペットやスリッパよりも問題になることはない。しかし、犬は外に生えている木と室内の観葉植物や木製家具のように、噛んでいい木とそうじゃない木の判別はできない。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:テロ時代の海外旅行

    本誌 最新号

    特集:テロ時代の海外旅行

    人気観光地でテロが起き、行き先選びに悩む時代── 「ゼロリスク」を求め過ぎる日本人のための海外旅行ガイド

    2018年5月 1日号  4/24発売

    人気ランキング

    • 1

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はいま......

    • 2

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 3

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 4

      安倍首相の対北政策と日米首脳会談を酷評する中国

    • 5

      【動画】「騎士の国」イギリスの恥部 見捨てられる…

    • 6

      進化する人類──素潜り漁のバジャウ族、「脾臓が大き…

    • 7

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満…

    • 8

      変わらぬ北朝鮮が6人銃殺、理由は「電話帳を売ろうと…

    • 9

      世界初のペニスと陰のう移植手術が成功、性機能も戻る

    • 10

      「ヒトの教育レベルが遺伝子上で劣化している」とい…

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 5

      日本人は旅行が下手だ(テロ時代の海外旅行術)

    • 6

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 7

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 10

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 5

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 6

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 7

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 8

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 9

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 10

      ポルノ女優がトランプとの不倫を暴露──脅されながら…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい