Newsweek

ペットロス

トランプの呪い?ペンス副大統領のペットが相次いで息引き取る

2017年12月8日(金)17時40分
ジョン・ホルティワンガー

    この2年で猫2匹と犬1匹が死んだ(写真の犬マーべリックも)。ペンス夫妻はそのたび悲しみに暮れた Mike Pence/TWITTER

    <ペンス一家が昨年から次々とペットロスに襲われたのは、動物を飼う人を「下等」扱いするトランプのせいか?>

    アメリカのマイク・ペンス副大統領の飼い猫「ピックル」が死んだ。半年前にはやはり猫の「オレオ」を失ったばかりなのに。

    16歳だったピックルの死を知らせるツイートで、ペンスの妻カレンは「とても賑やか」で「かわいい子」でした、と書いた。

    娘のシャーロッテ・ペンスも、ピックルに賛辞を贈った。「15年前、飼育放棄されたピックルと初めて会ったとき、彼女は怯えて凶暴で絶対に抱かせてくれませんでした。でも昨夜お別れを言ったとき、ピックルは私たちの腕のなかで喉を鳴らしました。家族と愛がどんなに人を変えるか、教えてくれたのはピックルです。ありがとう」

    ペンス一家はこの2年、立て続けに家族の動物を失っている。13歳だった猫のオレオは今年6月に亡くなった。以下はペンス夫人のツイートだ。「安らかに眠れ。あなたはその小さな命で、多くの人の心に触れた。あなたのことは決して忘れない」



    空に昇ったお前に会いたい

    昨年11月の米大統領選挙の直前には、ビーグル犬のマーべリックが亡くなった。「今日は心が重い。昨夜、13歳のビーグルが静かに息を引き取った。マーべリックよ、安らかに。お前に会いたい」と、ペンス夫人はツイートした。

    オレオの死後、ペンスの家族は新しい子犬と子猫──ハーリーとヘイゼル──をもらい、父の日のサプライズとしてペンスに贈った。

    ちなみにペンス一家はウサギも飼っている。名前はマーロン・バンド。自分のインスタグラム・アカウントも持っている。シャーロッテはマーロンを題材に子供向けの本を書いている。『マーロン・バンドと副大統領のある日の出来事』というタイトルで、来年3月に発売予定だ。

    ペンスが明らかに動物好きなのに対し、ドナルド・トランプ大統領は19世紀以来で初めてペットを飼わない大統領だ。動物たちを引き連れてワシントンにきたペンスのことを、「田舎者」とか「劣等」と見ている、という説もある。

    【参考記事】トランプに拒絶された仔犬「パットン」

    ペンスのペットが次々に亡くなったのは、ワシントン生活のストレスのせいかどうかはわからない。死んだ3匹はいずれもほぼ寿命だったので、少なくともトランプの呪いではなさそうだ。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

    ウイークデーの朝にお届けします。

    ご登録(無料)はこちらから=>>


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI 新局面

    本誌 最新号

    特集:AI 新局面

    仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

    2018年2月20日号  2/14発売

    人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 5

      「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

    • 6

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 7

      フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

    • 8

      北朝鮮の飢きんが生んだ「人造肉」 闇市と人民の工…

    • 9

      宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

    • 10

      「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 6

      「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

    • 9

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 10

      日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 6

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    • 9

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい