Newsweek

ペットロス

トランプの呪い?ペンス副大統領のペットが相次いで息引き取る

2017年12月8日(金)17時40分
ジョン・ホルティワンガー

    この2年で猫2匹と犬1匹が死んだ(写真の犬マーべリックも)。ペンス夫妻はそのたび悲しみに暮れた Mike Pence/TWITTER

    <ペンス一家が昨年から次々とペットロスに襲われたのは、動物を飼う人を「下等」扱いするトランプのせいか?>

    アメリカのマイク・ペンス副大統領の飼い猫「ピックル」が死んだ。半年前にはやはり猫の「オレオ」を失ったばかりなのに。

    16歳だったピックルの死を知らせるツイートで、ペンスの妻カレンは「とても賑やか」で「かわいい子」でした、と書いた。

    娘のシャーロッテ・ペンスも、ピックルに賛辞を贈った。「15年前、飼育放棄されたピックルと初めて会ったとき、彼女は怯えて凶暴で絶対に抱かせてくれませんでした。でも昨夜お別れを言ったとき、ピックルは私たちの腕のなかで喉を鳴らしました。家族と愛がどんなに人を変えるか、教えてくれたのはピックルです。ありがとう」

    ペンス一家はこの2年、立て続けに家族の動物を失っている。13歳だった猫のオレオは今年6月に亡くなった。以下はペンス夫人のツイートだ。「安らかに眠れ。あなたはその小さな命で、多くの人の心に触れた。あなたのことは決して忘れない」



    空に昇ったお前に会いたい

    昨年11月の米大統領選挙の直前には、ビーグル犬のマーべリックが亡くなった。「今日は心が重い。昨夜、13歳のビーグルが静かに息を引き取った。マーべリックよ、安らかに。お前に会いたい」と、ペンス夫人はツイートした。

    オレオの死後、ペンスの家族は新しい子犬と子猫──ハーリーとヘイゼル──をもらい、父の日のサプライズとしてペンスに贈った。

    ちなみにペンス一家はウサギも飼っている。名前はマーロン・バンド。自分のインスタグラム・アカウントも持っている。シャーロッテはマーロンを題材に子供向けの本を書いている。『マーロン・バンドと副大統領のある日の出来事』というタイトルで、来年3月に発売予定だ。

    ペンスが明らかに動物好きなのに対し、ドナルド・トランプ大統領は19世紀以来で初めてペットを飼わない大統領だ。動物たちを引き連れてワシントンにきたペンスのことを、「田舎者」とか「劣等」と見ている、という説もある。

    【参考記事】トランプに拒絶された仔犬「パットン」

    ペンスのペットが次々に亡くなったのは、ワシントン生活のストレスのせいかどうかはわからない。死んだ3匹はいずれもほぼ寿命だったので、少なくともトランプの呪いではなさそうだ。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

    ウイークデーの朝にお届けします。

    ご登録(無料)はこちらから=>>


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 3

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 4

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 5

      「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

    • 6

      ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

    • 7

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 8

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 9

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 10

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 3

      富裕層しかいないはずのファーストクラスで多発する備品泥棒

    • 4

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、…

    • 5

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 8

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 9

      ISISの「奴隷」にされた少女が、避難先のドイツで元…

    • 10

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 3

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 6

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 7

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 8

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 9

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 10

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい