Newsweek

ペットロス

トランプの呪い?ペンス副大統領のペットが相次いで息引き取る

2017年12月8日(金)17時40分
ジョン・ホルティワンガー

    この2年で猫2匹と犬1匹が死んだ(写真の犬マーべリックも)。ペンス夫妻はそのたび悲しみに暮れた Mike Pence/TWITTER

    <ペンス一家が昨年から次々とペットロスに襲われたのは、動物を飼う人を「下等」扱いするトランプのせいか?>

    アメリカのマイク・ペンス副大統領の飼い猫「ピックル」が死んだ。半年前にはやはり猫の「オレオ」を失ったばかりなのに。

    16歳だったピックルの死を知らせるツイートで、ペンスの妻カレンは「とても賑やか」で「かわいい子」でした、と書いた。

    娘のシャーロッテ・ペンスも、ピックルに賛辞を贈った。「15年前、飼育放棄されたピックルと初めて会ったとき、彼女は怯えて凶暴で絶対に抱かせてくれませんでした。でも昨夜お別れを言ったとき、ピックルは私たちの腕のなかで喉を鳴らしました。家族と愛がどんなに人を変えるか、教えてくれたのはピックルです。ありがとう」

    ペンス一家はこの2年、立て続けに家族の動物を失っている。13歳だった猫のオレオは今年6月に亡くなった。以下はペンス夫人のツイートだ。「安らかに眠れ。あなたはその小さな命で、多くの人の心に触れた。あなたのことは決して忘れない」



    空に昇ったお前に会いたい

    昨年11月の米大統領選挙の直前には、ビーグル犬のマーべリックが亡くなった。「今日は心が重い。昨夜、13歳のビーグルが静かに息を引き取った。マーべリックよ、安らかに。お前に会いたい」と、ペンス夫人はツイートした。

    オレオの死後、ペンスの家族は新しい子犬と子猫──ハーリーとヘイゼル──をもらい、父の日のサプライズとしてペンスに贈った。

    ちなみにペンス一家はウサギも飼っている。名前はマーロン・バンド。自分のインスタグラム・アカウントも持っている。シャーロッテはマーロンを題材に子供向けの本を書いている。『マーロン・バンドと副大統領のある日の出来事』というタイトルで、来年3月に発売予定だ。

    ペンスが明らかに動物好きなのに対し、ドナルド・トランプ大統領は19世紀以来で初めてペットを飼わない大統領だ。動物たちを引き連れてワシントンにきたペンスのことを、「田舎者」とか「劣等」と見ている、という説もある。

    【参考記事】トランプに拒絶された仔犬「パットン」

    ペンスのペットが次々に亡くなったのは、ワシントン生活のストレスのせいかどうかはわからない。死んだ3匹はいずれもほぼ寿命だったので、少なくともトランプの呪いではなさそうだ。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!

    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを

    ウイークデーの朝にお届けします。

    ご登録(無料)はこちらから=>>


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:交渉の達人 金正恩

    本誌 最新号

    特集:交渉の達人 金正恩

    未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

    2018年5月29日号  5/22発売

    人気ランキング

    • 1

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 2

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

    • 3

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

    • 4

      「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

    • 5

      米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

    • 6

      金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

    • 7

      トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

    • 8

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

    • 9

      米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

    • 10

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 3

      結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

    • 4

      韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

    • 7

      「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

    • 8

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 9

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 10

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 4

      左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

    • 9

      14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

    • 10

      「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい