Newsweek

エンターテインメント

映画関係者が興行収入をかけ契約交渉する見本市AFMとは?

2017年12月9日(土)12時40分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

    バラエティなど業界誌のバナーが彩りを添える会場のホテル  © The Independent Film & Television Alliance

    <外国映画はどのように輸入され、日本映画はどのように海外に進出するのか? 映画の海外配給で大きな商談の場になっているAFMが今年も開催された>

    早いもので2017年も残りわずかとなったが、映画の売買に関わる人たちの1年の締めくくりと言えば「AFM」である。AFMとは、American Film Market=アメリカン・フィルム・マーケットの略で、毎年東京国際映画祭の終わった頃、10月末〜11月の約8日間、アメリカのサンタモニカで開催される映画の見本市だ。開催期間の約1週間で10億円以上もの契約が交わされるといわれ、今年も、11月1日から8日まで映画関係者ら約7.415人が71カ国から集まり、2017年の締めくくりの売り上げと買い付けを賭けて、熱い取引が繰り広げられた。

    とはいえAFMは映画関係者以外には広く知られているわけではない。カンヌ映画祭やベルリン映画祭などと比べるとニュースにもならず、この記事で初めて聞いたという人も少なくないだろう。しかし、映画配給関係者にとっては1年のメインイベントの1つと言っても過言ではなく、世界最大の映画見本市なのだ。

    海外映画がどうやって輸入され日本国内で上映されるのか知っている人はどのくらいいるだろうか? 私の周囲の知人に尋ねてみても「海外でヒットした有名な映画は自動的に公開されるんでしょう?」「映画館が買っているんじゃないの?」と、映画バイヤーの存在自体知らない人が多かった。

    メジャーと呼ばれるハリウッドの大手映画会社は自社や関連会社が世界各国に配給することが多いが、メジャー以外の会社や外国の映画などは、セラーと呼ばれる販売会社とバイヤー(買い付け)が交渉を行い権利を売買して輸入しているのだ。売り手は少しでも高く売り、買い手は少しでも安く買いたい。そこでミーティングを重ね売買の交渉が始まる。

    もちろん、マーケット会場での公用語は英語。しかし、英語が流暢にしゃべれるからと言って交渉がうまくいくとは限らず、売り手と買い手の信頼関係や相性によって決まったり、タイミングやその映画にかける熱意などで売買が成立することも多い。というのも1度映画の権利を買ったらそれっきりではなく、その後7年(一般的には7年契約が多いが、交渉内容によって変わる)公開〜その後のレポート〜契約更新など、相手側担当者とは末永く付き合っていかなくてはならないからだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 5

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 6

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリ…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 10

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係