Newsweek

サウジ王族

汚職摘発に熱心だったサウジ皇太子、ケタ違いの贅沢が明らかに

2017年12月19日(火)16時56分
グレース・ガーニエリ

    17世紀のフランスの城を模した世界一高額な家の買い手はサウジの皇太子だった Charles Platiau-REUTERS

    <7月に王位継承者となって以来、身内の王族も容赦しない汚職摘発でクリーンさをアピールしてきたムハンマド皇太子の天文学的買い物リストが明らかになった>

    サウジアラビアの皇太子で経済改革のリーダーを自任するムハンマド・ビン・サルマンが、世界で最も高額な邸宅を3億ドルで購入していたことが明らかになった。

    邸宅はパリ郊外のルーヴシエンヌにあり、「ルイ14世の城」と呼ばれている。2015年に売却されたときは、誰が買ったのかわからずじまいだった。それがムハンマド皇太子だったことを、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。記事はまた11月、レオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ(救世主)」を美術作品としては過去最高の4億5000万ドルで落札したのも、ロシアのウォッカ会社の投資家から5億ドルのヨットを購入したのも、ムハンマドだった、と報じている。

    「ルイ14世の城」は、数年前に建ったばかりだが、17世紀のフランスの城を忠実に再現した外観と豪華な内装で知られる。広大な来客用スウイートルームが10室あるほか、バー、屋内スカッシュコート等々、近代的な娯楽施設も整っている。アメリカのセレブ、キム・カーダシアンが、カニエ・ウェストとの結婚式会場の候補として足を運んだ建物でもある。

    ムハンマドがこの邸宅の所有者であることを2年にわたって伏せることができたのは、ルクセンブルクとフランスに設立した複数のペーパーカンパニーを通じて購入したためだ。それらの会社は、最終的にムハンマドの投資会社エイト・インベストメント・カンパニーの所有となっている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    本誌 最新号

    特集:奇才モーリー・ロバートソンの国際情勢入門

    日本とアメリカ、世界の知られざる針路は── 異能のジャーナリストによるホンネの国際情勢解説

    ※次号は8/21(火)発売となります。

    2018年8月14日号  8/ 7発売

    人気ランキング

    • 1

      自殺に失敗し顔を失った少女の願い――「何が起きてもそれは一時的なことだと信じて。物事は良くなっていくから」

    • 2

      「俺たちが独り身の理由」、米版2ちゃんで聞いた結果

    • 3

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 4

      オーストラリアは忘れまい、しかし許そう

    • 5

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 6

      元米兵捕虜が教えてくれた、謝罪と許しの意味

    • 7

      死んだ人の遺骨も、ブッダと同じ「仏」と呼ばれるの…

    • 8

      遂に正体を表した習近平──南北朝鮮をコントロール

    • 9

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 10

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 1

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 2

      亡くなった人の気配を感じたら......食べて、寝て、遊べばいい

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 5

      「乱交」で種の境界を乗り越えるサル

    • 6

      死後世界も霊魂もないなら何をしてもいい──を実行し…

    • 7

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 8

      「いっそ戦争でも起きれば」北朝鮮国内で不気味な世…

    • 9

      ランボルギーニなど高級車をペチャンコに! ドゥテ…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      アマゾンのジャングルに1人暮らす文明と接触のない部族の映像を初公開

    • 2

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう見ていられない」と研究者

    • 3

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、被害続発する事情とは

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      インドの性犯罪者が野放しになる訳

    • 6

      怒りの僧侶、高野山への外国人観光客にナナメ上の対…

    • 7

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 8

      イルカとクジラのハイブリッドを確認、世界初

    • 9

      実在した...アレクサに怒鳴る男 絶対にお断りした方…

    • 10

      異例の熱波と水不足が続くインドで、女性が水を飲ま…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい