Newsweek

サウジ王族

汚職摘発に熱心だったサウジ皇太子、ケタ違いの贅沢が明らかに

2017年12月19日(火)16時56分
グレース・ガーニエリ

    17世紀のフランスの城を模した世界一高額な家の買い手はサウジの皇太子だった Charles Platiau-REUTERS

    <7月に王位継承者となって以来、身内の王族も容赦しない汚職摘発でクリーンさをアピールしてきたムハンマド皇太子の天文学的買い物リストが明らかになった>

    サウジアラビアの皇太子で経済改革のリーダーを自任するムハンマド・ビン・サルマンが、世界で最も高額な邸宅を3億ドルで購入していたことが明らかになった。

    邸宅はパリ郊外のルーヴシエンヌにあり、「ルイ14世の城」と呼ばれている。2015年に売却されたときは、誰が買ったのかわからずじまいだった。それがムハンマド皇太子だったことを、ニューヨーク・タイムズ紙が報じた。記事はまた11月、レオナルド・ダ・ヴィンチの「サルバトール・ムンディ(救世主)」を美術作品としては過去最高の4億5000万ドルで落札したのも、ロシアのウォッカ会社の投資家から5億ドルのヨットを購入したのも、ムハンマドだった、と報じている。

    「ルイ14世の城」は、数年前に建ったばかりだが、17世紀のフランスの城を忠実に再現した外観と豪華な内装で知られる。広大な来客用スウイートルームが10室あるほか、バー、屋内スカッシュコート等々、近代的な娯楽施設も整っている。アメリカのセレブ、キム・カーダシアンが、カニエ・ウェストとの結婚式会場の候補として足を運んだ建物でもある。

    ムハンマドがこの邸宅の所有者であることを2年にわたって伏せることができたのは、ルクセンブルクとフランスに設立した複数のペーパーカンパニーを通じて購入したためだ。それらの会社は、最終的にムハンマドの投資会社エイト・インベストメント・カンパニーの所有となっている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:交渉の達人 金正恩

    本誌 最新号

    特集:交渉の達人 金正恩

    未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

    2018年5月29日号  5/22発売

    人気ランキング

    • 1

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 2

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

    • 3

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

    • 4

      「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

    • 5

      米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

    • 6

      金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

    • 7

      トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

    • 8

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

    • 9

      米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

    • 10

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 3

      結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

    • 4

      韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

    • 7

      「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

    • 8

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 9

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 10

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 4

      左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

    • 9

      14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

    • 10

      「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい