Newsweek

早稲田大学大学院先進理工学研究科先進理工学専攻

早稲田が変わる! 大学院も変える!
5年一貫制で理工系グローバルリーダーを輩出

PR

2017年12月21日(木)10時00分
撮影/山下亮一 取材・文/笠木恵司
デザイン/大久保正幸事務所

    早稲田大学総長 鎌田 薫 1970年、早稲田大学法学部卒業。2010年から現職。政府の教育再生実行会議の座長も務める。

    科学技術の急速な発展によって社会が大きく変わってきた。早稲田大学はこれに対応したグローバルリーダーの育成を進めてきたが、これまでの博士イメージを覆す新しい大学院教育にも着手。注目を集めている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:技能実習生残酷物語

    本誌 最新号

    特集:技能実習生残酷物語

    アジアの若者に技術を伝え、労働力不足を解消する制度がなぜ「ブラック現場」を生むようになったのか

    2018年4月24日号  4/17発売

    人気ランキング

    • 1

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 2

      中国市場依存のドイツが味わう「ゆでガエル」の恐怖

    • 3

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 4

      空自F2後継機、米ローキードがF22・35ベースの開発打…

    • 5

      対北朝鮮融和に一直線、韓国文政権の「検閲」が始ま…

    • 6

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    • 7

      世界で50年ロングセラーのバッグが、なぜ今の日本人…

    • 8

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 9

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 10

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 1

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた53歳上の女性とは

    • 2

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機内はまるで満員電車?

    • 3

      「何かがおかしい...」国のやり方を疑い始めた北朝鮮の人々

    • 4

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 5

      「ヒトラーが南米逃亡に使った」はずのナチス高性能…

    • 6

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 7

      地球外生命が存在しにくい理由が明らかに――やはり、…

    • 8

      金正恩は「裏切り」にあったか......脱北者をめぐる…

    • 9

      ジェット旅客機の死亡事故ゼロ:空の旅を安全にした…

    • 10

      アマゾン・エコーが、英会話の練習相手になってくれた

    • 1

      日本の空港スタッフのショッキングな動画が拡散

    • 2

      ユーチューブ銃撃事件の犯人の奇妙な素顔 「ビーガン、ボディビルダー、動物の権利活動家」 

    • 3

      「家賃は体で」、住宅難の英国で増える「スケベ大家」

    • 4

      「金正恩を倒せ!」落書き事件続発に北朝鮮が大慌て

    • 5

      金正恩が習近平の前で大人しくなった...「必死のメモ…

    • 6

      「僕はゲイリー19歳、妻は72歳」 青年が恋に落ちた5…

    • 7

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 8

      「パスタは食べても太らない」──カナダ研究

    • 9

      2度見するしかない ハマってしまった動物たちの異様…

    • 10

      こんなエコノミーは嫌だ! 合理的すぎる座席で、機…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい