Newsweek

英王室

【写真特集】クリスマスに英王室メンバー勢揃い、でも何か物足りない

2017年12月26日(火)18時30分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

    フィリップ王配の後ろには孫にあたるウィリアム王子夫妻とハリー王子とその婚約者メーガン・マークル Hannah McKay-REUTERS

    <今年はマークルが加わった最初のクリスマス。一層華やかさを増した英王室だが、決定的に足りないものがある>

    12月25日、ロンドン・セントメアリー・マグダレン教会で行われる恒例のクリスマスミサに英王室のメンバーが集った。11月婚約を発表したヘンリー王子(通称ハリー王子)のフィアンセ、米女優メーガン・マークルを迎えての初めてのクリスマスで、新たなロイヤルファミリーの登場に市民からは歓声が上がった。

    風邪のために2016年のミサを欠席したエリザベス女王も今年は元気そうな姿を見せた。女王がこの日選んだのは、目にも鮮やかなオレンジのコーディネート。女王を先頭に一歩引いて夫のフィリップ王配、チャールズ皇太子と妻カミラたちが現れた。

    Royal-christmas-03.jpg

    今年で即位65周年を迎え君主として世界最長の在位期間を持つエリザベス女王。1952年からクリスマススピーチを行っている Hannah McKay-REUTERS


    初めてのロイヤルクリスマスとなるマークルは、ウィリアム王子の妻キャサリン妃やほかの王室メンバーと談笑し、リラックスして楽しんでいる様子だった。ハリー王子と腕を組み幸せそうな笑顔が印象的だ。

    Royal-christmas-02.jpg

    結婚前にこのミサに参加するのは異例なことで、ヘンリー王子からエリザベス女王に頼み込んでメーガンの参加が実現したという報道も Hannah McKay-REUTERS

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        「香港国家安全法」に反対の立場を取ったトルドーに…

      • 7

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 8

        どこにも行かない台湾の「なんちゃってフライト」、…

      • 9

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 10

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 4

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 5

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 6

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 7

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 8

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 9

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 10

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】リアル過ぎる赤ちゃん人形が愛される理由