Newsweek

テクノロジー

アップルウオッチ3 発売3カ月の「評判」

2018年1月6日(土)14時30分
クリスティーナ・ポニントン

    アップルウオッチ3はフィットネス関連の利便性が飛躍的に改善 PHOTO ILLUSTRATION BY JASON REEDーREUTERS

    [2018年1月16日号掲載]

    <評判の悪かったワークアウト関連機能は発売から2年を過ぎて劇的に向上したが>

    アップルウオッチ・シリーズ3には新しい機能がある。ジムのマシンとデータを同期させる「ジムキット」だ。現在の最先端GPSや活動量計の一歩先を行く機能で、アップルウオッチを究極のフィットネストラッカーにする。

    ジムキットを使えば、互換性のあるランニングマシンなどの機器にアップルウオッチを軽く触れさせるだけでペアリングが完了。両者を同期させることで、ワークアウトのデータをより完璧に記録できる。アップルウオッチに入力済みの身長・体重などの情報を基に、推定消費カロリーもより正確に、より手軽に記録できる。

    この機能は現在、ニューヨークの1カ所のジムだけで使用可能だが、18年にはエクイノックス社が展開するアメリカ各地の施設で使える。いずれシュウィンやテクノジムなどのメーカーの機器とも接続する予定だ。

    15年の発売当時、アップルウオッチのフィットネストラッキング機能は実に評判が悪かった。GPS機能がなく、防水でもなく、活動追跡機能もごく基本的なものしかなかった。

    だがその後、フィットネス関連機能は目覚ましく改善されている。17年9月に発売されたシリーズ3にはGPS追跡機能も携帯との通信機能も付いている。16年発売のシリーズ2以降は防水で、泳ぐときにも使用できる。

    屋外での運動の追跡機能については、優れた機器が既に多数ある。ガーミンやポラールなどの機器メーカーが、水泳の腕の動きからマウンテンバイクで走行した地形の正確なマッピングに至るまで、あらゆるデータを記録できるスマートウオッチや活動量計を作っている。

    だが、これらは屋内ではあまり役に立たない。例えばガーミンのフォアランナー920XTには屋内モード設定があるが、特に屋内サイクリングモードはワークアウトのデータしか記録しない。心拍数計も一緒に付ければ、消費カロリーを推測してくれるかもしれない程度だ。

    アップルはジムとの接続性を持たせたことで、これらのスマートウオッチや活動量計が提供する機能の先を行っている。

    まだ課題はあるけれど

    アップルと同等レベルの数少ない機器の1つはガーミンのビボスマート3だが、役に立つより面倒なことが多いという声もある。ウエートリフティングの回数表示は数え間違いが多く、具体的なエクササイズ内容を手動で入力しなくてはいけない。

    アップルウオッチはワークアウト機器とじかに接続できるから、こうした問題の一部は解消される。データ(機器によって異なるが、心拍数、消費カロリー、ペース、高度など)はアップルウオッチに送信され、さらにスマホに転送・保存される。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 6

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 7

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 8

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実