Newsweek

テクノロジー

アップルウオッチ3 発売3カ月の「評判」

2018年1月6日(土)14時30分
クリスティーナ・ポニントン

    アップルウオッチ3はフィットネス関連の利便性が飛躍的に改善 PHOTO ILLUSTRATION BY JASON REEDーREUTERS

    [2018年1月16日号掲載]

    <評判の悪かったワークアウト関連機能は発売から2年を過ぎて劇的に向上したが>

    アップルウオッチ・シリーズ3には新しい機能がある。ジムのマシンとデータを同期させる「ジムキット」だ。現在の最先端GPSや活動量計の一歩先を行く機能で、アップルウオッチを究極のフィットネストラッカーにする。

    ジムキットを使えば、互換性のあるランニングマシンなどの機器にアップルウオッチを軽く触れさせるだけでペアリングが完了。両者を同期させることで、ワークアウトのデータをより完璧に記録できる。アップルウオッチに入力済みの身長・体重などの情報を基に、推定消費カロリーもより正確に、より手軽に記録できる。

    この機能は現在、ニューヨークの1カ所のジムだけで使用可能だが、18年にはエクイノックス社が展開するアメリカ各地の施設で使える。いずれシュウィンやテクノジムなどのメーカーの機器とも接続する予定だ。

    15年の発売当時、アップルウオッチのフィットネストラッキング機能は実に評判が悪かった。GPS機能がなく、防水でもなく、活動追跡機能もごく基本的なものしかなかった。

    だがその後、フィットネス関連機能は目覚ましく改善されている。17年9月に発売されたシリーズ3にはGPS追跡機能も携帯との通信機能も付いている。16年発売のシリーズ2以降は防水で、泳ぐときにも使用できる。

    屋外での運動の追跡機能については、優れた機器が既に多数ある。ガーミンやポラールなどの機器メーカーが、水泳の腕の動きからマウンテンバイクで走行した地形の正確なマッピングに至るまで、あらゆるデータを記録できるスマートウオッチや活動量計を作っている。

    だが、これらは屋内ではあまり役に立たない。例えばガーミンのフォアランナー920XTには屋内モード設定があるが、特に屋内サイクリングモードはワークアウトのデータしか記録しない。心拍数計も一緒に付ければ、消費カロリーを推測してくれるかもしれない程度だ。

    アップルはジムとの接続性を持たせたことで、これらのスマートウオッチや活動量計が提供する機能の先を行っている。

    まだ課題はあるけれど

    アップルと同等レベルの数少ない機器の1つはガーミンのビボスマート3だが、役に立つより面倒なことが多いという声もある。ウエートリフティングの回数表示は数え間違いが多く、具体的なエクササイズ内容を手動で入力しなくてはいけない。

    アップルウオッチはワークアウト機器とじかに接続できるから、こうした問題の一部は解消される。データ(機器によって異なるが、心拍数、消費カロリー、ペース、高度など)はアップルウオッチに送信され、さらにスマホに転送・保存される。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 3

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 4

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 5

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して