Newsweek

飲酒

アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

2018年1月9日(火)18時10分
松丸さとみ

    アルコールとがんの関係が明らかに KatarzynaBialasiewicz-iStock

    <英ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取がDNAを損傷して、がんのリスクを高めると発表した>

    アルコールがDNAを損傷

    1年で最もお酒を飲む機会が多くなると思われる年末年始のこの時期、お酒を愛する人たちにとって気になるニュースが報じられた。アルコールが、DNAを損傷してがんのリスクを高めるというのだ。英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所で行なった研究について、科学誌「ネイチャー」に発表した。

    これまでも、アルコールの摂取ががんのリスクを高めることは指摘されてきた。アルコールを摂取すると、分解する過程でアセトアルデヒドが生成される。このアセトアルデヒドがDNAを損傷することは、培養細胞を使った研究で確認されていたのだ。しかしそのメカニズムははっきり分かっていなかった。今回初めて、パテル教授のチームがマウスを使い、生きている臓器の反応を確認。納得いく説明ができるようになったという。

    パテル教授は、「がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、今回の研究は、アルコールが損傷リスクを高める可能性があると示唆している」と、MRC分子生物学研究所に話している。研究チームがマウスにエタノールを投与したところ、エタノールが造血幹細胞のDNA二重鎖を切断。細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態に壊されてしまったという。

    アジア人はアルコール分解がうまく機能せず

    MRC分子生物学研究所の発表文によると、人間は通常、アルコールからのダメージに対して2つの自己防衛機能を備えている。1つは、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドに対するもの。アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が、有害なアセトアルデヒドを酢酸に分解し、細胞のエネルギー源に変える。今回の研究では、ALDHの一種、ALDH2が欠如したマウスにアルコール(エタノール)を投与したところ、ALDH2が機能しているマウスと比べ、DNAの損傷は4倍に達した。

    研究チームは、この酵素が十分でなかったり欠陥があったりする人は、東南アジア人に特に多いと指摘。科学系ニュースサイトのサイエンス・アラートはこれを受けて、ALDH2が変異している人(つまりうまく機能しない人)の数は、アジアに5億4000万人いると具体的な数字を挙げている。

    2つめの防衛機能は、DNAの修復だ。しかしこれが常に機能するわけでもなく、中にはうまく機能しない人もいると研究チームは説明している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知らない自動運転の現在地

    本誌 最新号

    特集:日本人が知らない自動運転の現在地

    都市と暮らしと経済を根本から変えるテクノロジー 自律走行車の完成が間近まで迫っている

    2019年2月19日号  2/12発売

    人気ランキング

    • 1

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 2

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 3

      小学校がHIV感染児童14人を強制退学 インドネシア、感染恐れる父兄が学校を脅迫

    • 4

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐…

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      ブラック・ユーモアを忘れた日本は付き合いにくい

    • 7

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 8

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 9

      習近平が仕掛ける「清朝」歴史戦争

    • 10

      貧困家庭の女子が人生を見限る「自己選抜」......「…

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 3

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してしまった女性にネットが炎上

    • 4

      シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬…

    • 5

      『ボヘミアン・ラプソディ』を陰で支えた、クイーン…

    • 6

      「英国を丸裸にするEU離脱はもう止めて」ケンブリッ…

    • 7

      「制服」少女たちが受ける不快すぎる性的嫌がらせ

    • 8

      地球温暖化で鳥類「血の抗争」が始まった──敵を殺し…

    • 9

      南極の氷河の下に巨大な空洞が発見される

    • 10

      炎上はボヘミアン・ラプソディからダンボまで 韓国…

    • 1

      13.48秒――世界最速の7歳児か 「ネクスト・ボルト」驚異の運動神経をNFL選手も絶賛

    • 2

      ホッキョクグマ50頭が村を襲撃、非常事態を発令

    • 3

      インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

    • 4

      【動画】子犬の「返品」を断られて激高し、殺してし…

    • 5

      小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の…

    • 6

      エロチックなR&Bの女神が降臨 ドーン・リチャードの…

    • 7

      口に入れたおしゃぶりをテープで固定された赤ちゃん

    • 8

      恋人たちのハグ厳禁! インドネシア・アチェ州、公…

    • 9

      体重600キロ、体長4.4mの巨大ワニが女性殺害 イン…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい