Newsweek

飲酒

アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

2018年1月9日(火)18時10分
松丸さとみ

    アルコールとがんの関係が明らかに KatarzynaBialasiewicz-iStock

    <英ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取がDNAを損傷して、がんのリスクを高めると発表した>

    アルコールがDNAを損傷

    1年で最もお酒を飲む機会が多くなると思われる年末年始のこの時期、お酒を愛する人たちにとって気になるニュースが報じられた。アルコールが、DNAを損傷してがんのリスクを高めるというのだ。英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所で行なった研究について、科学誌「ネイチャー」に発表した。

    これまでも、アルコールの摂取ががんのリスクを高めることは指摘されてきた。アルコールを摂取すると、分解する過程でアセトアルデヒドが生成される。このアセトアルデヒドがDNAを損傷することは、培養細胞を使った研究で確認されていたのだ。しかしそのメカニズムははっきり分かっていなかった。今回初めて、パテル教授のチームがマウスを使い、生きている臓器の反応を確認。納得いく説明ができるようになったという。

    パテル教授は、「がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、今回の研究は、アルコールが損傷リスクを高める可能性があると示唆している」と、MRC分子生物学研究所に話している。研究チームがマウスにエタノールを投与したところ、エタノールが造血幹細胞のDNA二重鎖を切断。細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態に壊されてしまったという。

    アジア人はアルコール分解がうまく機能せず

    MRC分子生物学研究所の発表文によると、人間は通常、アルコールからのダメージに対して2つの自己防衛機能を備えている。1つは、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドに対するもの。アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が、有害なアセトアルデヒドを酢酸に分解し、細胞のエネルギー源に変える。今回の研究では、ALDHの一種、ALDH2が欠如したマウスにアルコール(エタノール)を投与したところ、ALDH2が機能しているマウスと比べ、DNAの損傷は4倍に達した。

    研究チームは、この酵素が十分でなかったり欠陥があったりする人は、東南アジア人に特に多いと指摘。科学系ニュースサイトのサイエンス・アラートはこれを受けて、ALDH2が変異している人(つまりうまく機能しない人)の数は、アジアに5億4000万人いると具体的な数字を挙げている。

    2つめの防衛機能は、DNAの修復だ。しかしこれが常に機能するわけでもなく、中にはうまく機能しない人もいると研究チームは説明している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:交渉の達人 金正恩

    本誌 最新号

    特集:交渉の達人 金正恩

    未熟な若者から狂気の独裁者へ、そして平和の立役者? トランプから譲歩を引き出す金正恩の交渉力

    2018年5月29日号  5/22発売

    人気ランキング

    • 1

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 2

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者」がクルド人とシリアにもたらすもの

    • 3

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

    • 4

      「ISIS憎し」のイラク政府が即決裁判で大量死刑宣告

    • 5

      米軍に解放されたISの人質が味わった地獄

    • 6

      金桂冠は正しい、トランプは金正恩の術中にはまった

    • 7

      トランプ「金正恩との会談、実現しない確率高い」 …

    • 8

      史上最悪の「スーパー淋病」にイギリス人男性が初感…

    • 9

      米でうつ病が5年で33%増、その理由は...

    • 10

      ヒトの器官で最大の器官が新たに発見される

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 3

      結婚式はハリー王子の「禊」 呪縛を解き放ったメーガンの「操縦術」がすごい!

    • 4

      韓国、アベンジャーズ1000万人の大ヒット その影で…

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      メーガン・マークルはダイアナの二の舞にはならない

    • 7

      「孤独のグルメ」が広がる韓国〜変わる韓国の日本食…

    • 8

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 9

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 10

      クルド女性戦闘員「遺体侮辱」映像の衝撃──「殉教者…

    • 1

      北朝鮮から軍将校と住民が「脱北」 19日未明に黄海上で韓国側へ亡命

    • 2

      「いい加減にしないと暴動起こす」北朝鮮国民の不満が爆発寸前

    • 3

      北の「日本メディア外し」は日本への歪んだ求愛

    • 4

      左耳を失った米女性兵士、前腕で育てた耳の移植手術…

    • 5

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 6

      愛犬が2足歩行し始めた! 近所をざわつかせたその正…

    • 7

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 8

      中身なし、マニュアル頼み、上から目線......「日本…

    • 9

      14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格…

    • 10

      「働き方改革」では世界に取り残される? 日本の働き…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい