Newsweek

飲酒

アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度と戻らない状態に

2018年1月9日(火)18時10分
松丸さとみ

    アルコールとがんの関係が明らかに KatarzynaBialasiewicz-iStock

    <英ケンブリッジ大学の研究チームが、アルコールの摂取がDNAを損傷して、がんのリスクを高めると発表した>

    アルコールがDNAを損傷

    1年で最もお酒を飲む機会が多くなると思われる年末年始のこの時期、お酒を愛する人たちにとって気になるニュースが報じられた。アルコールが、DNAを損傷してがんのリスクを高めるというのだ。英ケンブリッジ大学のケタン・パテル教授率いるチームが、英MRC分子生物学研究所で行なった研究について、科学誌「ネイチャー」に発表した。

    これまでも、アルコールの摂取ががんのリスクを高めることは指摘されてきた。アルコールを摂取すると、分解する過程でアセトアルデヒドが生成される。このアセトアルデヒドがDNAを損傷することは、培養細胞を使った研究で確認されていたのだ。しかしそのメカニズムははっきり分かっていなかった。今回初めて、パテル教授のチームがマウスを使い、生きている臓器の反応を確認。納得いく説明ができるようになったという。

    パテル教授は、「がんの中には、幹細胞のDNAの損傷が原因でできるものもある。DNAの損傷はたまたま起こる場合もあるが、今回の研究は、アルコールが損傷リスクを高める可能性があると示唆している」と、MRC分子生物学研究所に話している。研究チームがマウスにエタノールを投与したところ、エタノールが造血幹細胞のDNA二重鎖を切断。細胞内のDNA配列は、元に戻らない状態に壊されてしまったという。

    アジア人はアルコール分解がうまく機能せず

    MRC分子生物学研究所の発表文によると、人間は通常、アルコールからのダメージに対して2つの自己防衛機能を備えている。1つは、アルコールを分解する過程で生成されるアセトアルデヒドに対するもの。アセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)が、有害なアセトアルデヒドを酢酸に分解し、細胞のエネルギー源に変える。今回の研究では、ALDHの一種、ALDH2が欠如したマウスにアルコール(エタノール)を投与したところ、ALDH2が機能しているマウスと比べ、DNAの損傷は4倍に達した。

    研究チームは、この酵素が十分でなかったり欠陥があったりする人は、東南アジア人に特に多いと指摘。科学系ニュースサイトのサイエンス・アラートはこれを受けて、ALDH2が変異している人(つまりうまく機能しない人)の数は、アジアに5億4000万人いると具体的な数字を挙げている。

    2つめの防衛機能は、DNAの修復だ。しかしこれが常に機能するわけでもなく、中にはうまく機能しない人もいると研究チームは説明している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:AI 新局面

    本誌 最新号

    特集:AI 新局面

    仕事を奪うとばかり恐れられてきた人工知能AIが新たにつくり出す可能性と、それでも残る脅威

    2018年2月20日号  2/14発売

    人気ランキング

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      ウイグル「絶望」収容所──中国共産党のウイグル人大量収監が始まった

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      フロリダ州銃乱射、悪いのは銃かメンタルか

    • 5

      宇宙に打ち上げられたイーロン・マスクのテスラが地…

    • 6

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      英ネズミ捕獲長ラリーはサボってる? 立場を脅かす…

    • 9

      友達の多い貧乏人、友達の少ないお金持ち

    • 10

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 1

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 2

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北者」

    • 3

      「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

    • 6

      「死のない肉」クォーンが急成長 人工肉市場がアツい

    • 7

      岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習…

    • 8

      広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

    • 9

      日本で中小企業が激減している根本的な理由は何か?

    • 10

      金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

    • 1

      265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

    • 2

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 3

      「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

    • 4

      「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

    • 5

      北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

    • 6

      「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

    • 7

      ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

    • 8

      北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

    • 9

      北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

    • 10

      被害者遺族を「カラオケに行こう」と誘う加害者の父

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい