Newsweek

米外交

トランプ政権「世界の民主化運動を支援するお金はもうない」

2018年3月8日(木)19時20分
カルロス・バレステロス

    トランプを見るレックス・ティラーソン米国務長官 Kevin Lamarque-REUTERS

    <アメリカ政府の手先、と疑いの目を向けられながらも、旧共産圏諸国の民主化を支援するなど功績のあったNEDがなくなる?>

    米国務省が、全米民主主義基金(NED)の予算を大幅に削減しようとしている。親米の民主主義を広げるため、世界中のメディアや労働組合、人権団体に資金提供を行ってきたNPOだ。

    ドナルド・トランプ米政権が2月に発表した2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算教書に沿って、国務省はNEDの予算を2018年度の1億6800万ドルから6700万ドルへと3分の1まで縮小する方針だ。さらに、全米民主研究所(NDI)や国際共和研究所(IRI)などNEDの中核となってきた組織に個別に割り当ててきた予算も、今後は米国務省の一般予算に組み入れたい、としている。

    NEDの予算削減や見直しを、米議会が承認するかどうかは不明だが、もし認められれば、トランプ政権は海外の民主化運動を見捨てた、という誹りを免れないだろう。

    「今回の削減案は大打撃だが、驚きはない。最終的に決めるのは議会だ」と、NEDのカール・ガーシュマン会長は本誌に語った。「ただNEDを骨抜きにすれば、ロナルド・レーガン元米政権のレガシー(遺産)を葬り去ることになり、政治的にも将来的にもあまりに短絡的だ」

    「オープンなCIA」の位置づけ

    なぜなら、NEDの予算が削減されれば「海外で同じ価値観を共有し、権力と戦う勇敢な民衆の支援からアメリカが手を引いた、というシグナルを世界中に送ることになる」さらにガーシュマンは米紙ワシントン・ポストの取材に語った。

    トランプ政権は米国務省の2019年の予算を2017年度比で25%削減する方針だ。

    NEDは1983年にレーガン元米大統領の特命で設立された。当時、米中央情報局(CIA)などの米政府機関は、海外の親米派への資金提供や援助を秘密裏に行ってきたとして、激しく批判されていた。

    「今我々がやっていることは、25年前にCIAが秘密裏にやっていたのと同じことだ」と、NEDのデービッド・イグナシウス会長代理は1991年のインタビューで語っている。「当時と今の最大の違いは、大っぴらに活動しているので、後で批判される可能性が少ないということ。オープンであることは即ち、自己防衛だ」

    NEDは設立以来、民間NGOの扱いだが、実際には活動資金の大半を米議会から受け取っている。NEDのホームページによれば、年間の資金提供は1200件、1件当たりの平均は5万ドルだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、厚労省を告発

    • 4

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 5

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 6

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 7

      今日も市場で生きてるコウモリ販売するインドネシア…

    • 8

      誰でも今すぐ「頭がよい人」になれる、「往復運動」…

    • 9

      新型コロナウイルス、クルーズ船の悲劇はまだ終わっ…

    • 10

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 3

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、悪いのは中国人の「ゲテモノ食い」ではない

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      中国の新型コロナウイルス危機は「チェルノブイリ級…

    • 6

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 7

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 8

      「10歳の娘が裸でも同じベッドで寝る彼氏」これって…

    • 9

      今年の春節は史上最悪、でも新型肺炎で「転じて福」…

    • 10

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 1

      ゴーン逃亡のレバノンが無政府状態に、銀行も襲撃される

    • 2

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 3

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 4

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 5

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 6

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 10

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】流血と破壊に蹂躙される現代の暗黒郷アマゾン