Newsweek

映画

「反共」から「統一」まで 韓国とハリウッドが描いた北朝鮮とは?

2018年5月27日(日)20時30分
杉本あずみ(映画配給コーディネーター)

    板門店の共同警備区域での南北兵士の交流を描いた「JSA」 (C)CJ Entertainment

    <連日のように状況が二転三転する北朝鮮情勢。北朝鮮との交流に前向きなのは文在寅大統領だけでなく映画界も熱い視線を送っている──>

    4月27日、韓国と北朝鮮の境界線にある板門店で、歴史的な南北首脳会談が行われ日本でも生中継されるほど大きく報道されたのはちょうど1カ月前のこと。それからの朝鮮半島を巡る動き、特に米朝首脳会談に向けた動きはまるでジェットコースターのような目まぐるしさで、26日には文大統領と金正恩国務委員長によるまさかの2度目の南北首脳会談が実現。果たしてトランプ大統領と金正恩国務委員長は話し合う日が来るのか、全世界が注目する日が続いている。

    そんな期待と不安があるなか、韓国国内では4月末の南北首脳会談が想像以上に劇的な成功をおさめたこともあって、全体的には北朝鮮との融和ムードが高まっており、映画界でも北朝鮮に向け熱い視線を送っている。

    韓国映画の世界における北朝鮮の描き方はさまざまだ。特に北朝鮮を同じ民族、仲間として描いた友好的な映画は「統一映画」と呼ばれ、一種のジャンルのようになっている。特に有名な数作を取り上げてみよう。

    南北の友情を描いた代表作「JSA」

    南北会談の中継映像、特に文在寅(ムン・ジェイン)大統領と金正恩委員長が仲良さそうに手をつないで軍事境界線を歩く映像を見ながらこの映画を思い出した方も多かっただろう。2001年に日本でも公開された「JSA」だ。

    ドラマ作家で有名なパク・サンヨン作家の小説「DMZ」が原作で、日本でも人気の高いパク・チャヌク監督が映画化した。南北の兵士が友情をはぐくみ仲良くなっていく姿とそれに伴う悲劇を描いた作品だ。人気の高いソン・ガンホが北朝鮮兵士を演じ、人間味あふれるキャラクターで描いたことによって、同じ民族なんだという親近感を持たせた。一方では、一部の軍人や退役軍人からは「警備兵同士が映画のように仲良くなることはあり得ない」と、批判の声も上がったという。

    次に紹介するのは、同じくソン・ガンホが主演している「義兄弟 SECRET REUNION」だ。日本でも2010年に公開された。JSAでは北朝鮮側の兵士を演じたソン・ガンホだが、この義兄弟の劇中ではクビになった元韓国情報員で、カン・ドンウォン演じる北朝鮮工作員を追う探偵という役柄だ。

    元国家情報員の探偵と北朝鮮のスパイである男二人が互いに相手の素性を知りつつも近づき、探偵はスパイを見張るために自分の仕事の相棒にする。騙し合いながらも、いつの間にか二人の間には段々と友情が芽生えていく。緊迫したストーリー展開とコミカルな演技が話題となり大ヒットとなった。

    韓国人は血縁関係が無くても仲のいい友人を兄弟・姉妹と呼び合うが、タイトルの「義兄弟」には劇中の2人と共に、韓国と北朝鮮が兄弟のような関係であるという意味が込められている。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファーウェイの正体

    本誌 最新号

    特集:ファーウェイの正体

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    2019年5月21日号  5/14発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

    • 2

      米中交渉決裂、追い込まれた習近平

    • 3

      違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

    • 4

      「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は…

    • 5

      イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

    • 6

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 7

      シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

    • 8

      中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

    • 9

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 10

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

    • 4

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 5

      トランプの言うことは正しい

    • 6

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 3

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 9

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える