Newsweek

日本文化

海外で見た酷すぎるクールジャパンの実態~マレーシア編~

2018年6月11日(月)14時30分
古谷経衡(文筆家)

    閑古鳥の鳴くクアラルンプールの「The Japan Store」筆者撮影

    <日本文化の魅力を世界に広げようと始められた「クールジャパン」戦略の下、官主導で作られたクアランプールの「ジャパン・ストア」を見に行ったら、バブル期の悪名高いハコモノになっていた>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    本誌 最新号

    特集:世界を変えるブロックチェーン起業

    難民にデジタルIDを与え、医療情報や物流を正しく管理── 分散型台帳を使う新事業・新ビジネスが各国で始まった

    2019年4月23日号  4/16発売

    人気ランキング

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 5

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 6

      子供の亡骸を16日間も離さない母シャチの悲嘆「もう…

    • 7

      「心の専門家」に、ピエール瀧氏を「分析」させるメ…

    • 8

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 9

      5G界、一夜にして一変! 「トランプ勝利、Huawei片…

    • 10

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 3

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    • 4

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 5

      [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

    • 6

      「美人銭湯絵師」の盗作疑惑に見る「虚像」による文…

    • 7

      少女の乳房を焼き潰す慣習「胸アイロン」──カメルー…

    • 8

      大坂なおみ選手の二重国籍が認められた!

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      墜落したF35、1機分のお金で何ができたか―「欠陥商品…

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      無残、少女の足の裏に無数の寄生虫!

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕…

    • 5

      女性の体は、弱い精子をブロックする驚くほど洗練さ…

    • 6

      「令和」に関して炎上する中国ネット

    • 7

      映画『ボヘミアン・ラプソディ』が語らなかったフレ…

    • 8

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 9

      「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】非暴力のはずのLGBTが銃を握る理由