Newsweek

火山

噴火がつづくハワイ・キラウエア火山──空から宝石が降って来た

2018年6月19日(火)16時30分
松岡由希子

    空から宝石が降って来た @ErinJordan/Twitter

    <5月に噴火が始まったハワイ島のキラウエア火山は、大きな被害を出しているが、そんな中、上空から突然降り注いだ意外な「恵み」が地元住民を驚かせている>

    米ハワイ島のキラウエア火山では、2018年5月3日に噴火が始まって以来、40日以上にわたって活発化している。一連の火山活動によって、これまでに600棟以上の家屋が破壊され、周辺地域では火山灰が降り積もり、有毒ガスの噴出や巨大な噴石の飛散のおそれがたびたび警告されるなど、住民の日常生活をも脅かしている。

    空からオリビン(かんらん石)が降って来た

    このように深刻な状況が続くなか、上空から突然降り注いだ意外な"恵み"が地元住民を驚かせ、世界中で話題を集めている。

    この"恵み"の正体は、オリビン(かんらん石)だ。その名が示すとおり、オリーブの実に似た緑色をなし、マグネシウム、鉄、ケイ素、酸素で構成され、火成岩の主要造岩鉱物のひとつとしても知られている。とりわけ、美しい緑色のものはペリドットと呼ばれ、宝石として珍重されている。

    米アリゾナ州ツーソンのローカル局で気象予報士を務めるエリン・ジョーダンさんは、キラウエア火山からの溶岩流の影響を受けた地域で暮らす友人からの近況として、地面に散らばり、美しい緑色に輝く石の画像をツイッターに投稿した。「これは文字通り"宝石の雨"。自然には本当に驚かされます。」とその感想を綴っている。

    同様の現象は、地球科学教育の普及に取り組む米国の教育機関「ジオetc」のツイッターアカウントでも報告された。

    これらの鉱物は、最近のキラウエア火山での噴火の猛威によって、マグマが空気中に高く噴出し、マグネシウムと鉄、ケイ素が高温で結晶化して、地面に到達する前にオリビンとして晶出されたものとみられている。つまり、熱い溶岩が空に上がり、ペリドットの"雨あられ"として地上に降ってきたというわけだ。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本人が知るべきMMT

    本誌 最新号

    特集:日本人が知るべきMMT

    アメリカの政治家が声高に主張する現代貨幣理論(MMT)は経済学の「未来の定説」になり得るのか

    2019年7月23日号  7/17発売

    人気ランキング

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 3

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 4

      家畜のブタが人食いブタに豹変──ロシア

    • 5

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      苦境・韓国の中国離れはトランプに大朗報

    • 8

      韓国・文在寅大統領「対北朝鮮制裁違反という日本の…

    • 9

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 10

      歴史問題に根ざす日本と韓国「半導体輸出規制」対立…

    • 1

      子宮内共食いなど「サメの共食い」恐怖の実態

    • 2

      輸出規制、韓国政府の無策を非難する韓国メディア

    • 3

      同性愛を公言、ヌードも披露 女子サッカー米代表のミーガン・ラピノー

    • 4

      日本の重要性を見失った韓国

    • 5

      国歌斉唱で胸に手を当てる、なでしこジャパンに違和感

    • 6

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 7

      トランプ亜流にも劣る、韓国への素材輸出規制

    • 8

      4万年前の線虫も......氷河や永久凍土に埋もれてい…

    • 9

      韓国より低い日本の最低賃金 時給1000円払えない企…

    • 10

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      異例の猛暑でドイツの過激な「ヌーディズム」が全開

    • 5

      日本の重要性を見失った韓国

    • 6

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 7

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 8

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を5…

    • 9

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】停電が続くガザの果てしない暗闇