Newsweek

労働

働き方改革とは無縁の「過労死予備軍」が多い職業は?

2018年7月25日(水)16時00分
舞田敏彦(教育社会学者)

    いまだに長時間労働から抜けられない過労死予備軍は少なくない Gearstd-iStock.

    <1カ月あたりの残業時間が100時間を超える「過労死予備軍」の比率が高いのは、医師、法曹、教員、運転手......とこれまでにも過重勤務が指摘されている職種>

    高度経済成長の時代、働き盛りの男性の脳梗塞死亡率は現在の5倍以上だった。当時は日本中がブラック企業で、表沙汰にはならなかったにせよ、労働者の過労死が頻発していたと考えられる。

    日本人の働き過ぎが糾弾されて久しいが、昔と比較すれば緩和されたと言われている。週休2日制になり、ワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)が謳われ、そのための取り組みも進んでいる。

    しかし今でも、悲惨な事例は見られる。2015年の暮れに、大手広告代理店の若手社員が過労の末に自殺した。月当たりの残業時間は100時間にも及んでいたという。日本人のワーカホリックは治癒するどころか、悪化の向きさえ感じられる。少子高齢化による人手不足も、それを後押ししているだろう。

    これに匹敵する長時間労働をしている過労死予備軍は少なくない。2017年の総務省『就業構造基本調査』によると、年300日・週75時間以上働いている正社員は30万人いる。月の残業時間が100時間をゆうに超える人たちだ。

    比率にすると0.9%だが、値は職業によって違っている。<図1>は、全職業と医師の過労死予備軍の出現率を、正方形の面積で表現したものだ。年300日以上と週75時間以上の両方に当てはまる人が何%いるかを示している。

    maita180725-chart01.jpg

    全職業でみた過労死予備軍の出現率は0.9%だが、医師では11.1%にもなる。9人に1人が、いつ過労死してもおかしくない状態で働いている。勤務医の過労はよく指摘されるが、それが数値にも表れている。

    上位10位の職業を見ると、以下のようになっている。

    1)宗教家 ... 14.8%
    2)医師 ... 11.1%
    3)法務従事者 ... 6.3%
    4)採掘従事者 ... 5.9%
    5)漁業従事者 ... 4.9%
    6)教員 ... 4.1%
    7)音楽家・舞台芸術家 ... 4.0%
    8)その他のサービス職業従事者 ... 3.3%
    9)飲食物調理従事者 ... 2.8%
    10)自動車運転従事者 ... 2.7%

    トップは宗教家で14.8%だ。仕事と生活が一体になっていて、分けづらいのかもしれない。先ほど見た医師、法務従事者、教員の過重労働もよく指摘される。人手不足により、飲食業や運転手の過労死予備軍率も高い。政府の過労死防止大綱で、これらは特別な調査研究の対象業種に指定されている。

    本誌紹介

    人気ランキング

    • 1

      拡張主義・中国の「武力」を4カ国連携で封じ込めよ

    • 2

      過去6600万年の地球の気候の変遷が初めてまとめられる

    • 3

      ペンスの元部下が怒りの内部告発「トランプはアメリカの安全をぶち壊す」

    • 4

      2万年以上前のホラアナグマ、ほぼ完全な状態で発見さ…

    • 5

      ロシアの毒殺未遂にメルケルが強気を貫けない理由

    • 6

      トランプお墨付きの「Qアノン」が笑い事では済まされ…

    • 7

      私の娘だけ差別する義母──汚れた使い古しの贈り物に…

    • 8

      金正恩が「飲み会で政策批判」のエリート経済官僚5人…

    • 9

      ネットフリックス配信映画『キューティーズ!』がま…

    • 10

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船…

    • 1

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 2

      水にひそむ「脳を食べるアメーバ」で少年が死亡

    • 3

      「ワクチンは安全」という信頼、日本は世界最低レベルだった

    • 4

      韓国の世代間格差と若者の怒り

    • 5

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像と…

    • 6

      仏シトロエン、14歳から免許不要で乗れる2人乗りEV「…

    • 7

      【動画】海辺を歩く2頭のライオンに視聴950万回

    • 8

      EUミシェル大統領「中国に利用されず」 首脳会談、習…

    • 9

      中国からの「謎の種」、播いたら生えてきたのは.....…

    • 10

      伝説のジャーナリストのトランプ本『怒り』に同業者…

    • 1

      中国・三峡ダムに過去最大の水量流入、いまダムはどうなっている?

    • 2

      【動画】タランチュラが鳥を頭から食べる衝撃映像とメカニズム

    • 3

      反日デモへつながった尖閣沖事件から10年 「特攻漁船」船長の意外すぎる末路

    • 4

      1件40円、すべて「自己責任」のメーター検針員をク…

    • 5

      手に乗る大きさのゾウの仲間、約50年ぶりにアフリカ…

    • 6

      中国の三峡ダム、豪雨で危険水位20メートル上回る 設…

    • 7

      撃墜されたウクライナ機、被弾後も操縦士は「19秒間…

    • 8

      中国はなぜ尖閣での漁を禁止したのか

    • 9

      米中新冷戦でアメリカに勝ち目はない

    • 10

      アラスカ漁船がロシア艦隊と鉢合わせ、米軍機がロシ…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】光のあふれる美しい家と、愛すべき犬と