Newsweek

アメリカ事件

飢餓状態の子供11人が保護された謎の施設、学校を襲う銃乱射を訓練か

2018年8月9日(木)14時06分
ブレンダン・コール

    電気も水道もない砂漠のバラックで、子供たちはどんな生活をしていたのか Taos County Sheriff's Office/REUTERS

    <児童虐待容疑で逮捕された容疑者は、アフリカのイマーム(導師)を名乗り、成人女性3人をマインドコントロールで支配していた。遺体で見つかった少年は息子とも>

    ニューメキシコ州の警察が飢餓状態の子供11人を救出した砂漠の中の施設で、新たに少年1人の死体が発見され、ますます謎が深まる不可解な事件に衝撃が広がっている。

    警察は父親と共に行方不明になったジョージア州の少年の捜索のために、先週この施設を手入れし、劣悪な環境に置かれた1歳から15歳までの子供たち11人を保護したが、その中には行方不明の少年はいなかった。その後8月6日に施設内で死体が見つかった。

    ニューメキシコ州タオス郡のジェリー・ホグリフ保安官によると、検死解剖は行われたが、この死体が行方不明のジョージア州の少年アブドゥル・ガニ・アハジなのかは確認できていないという。

    「死体が発見された日は、奇しくもアブドゥルの4歳の誕生日だった」と、保安官は記者会見で沈痛な表情を見せた。

    アブドゥル・ガニの父親シラジ・ワハジは11人の救出時に施設にいて、息子を連れ去った容疑と児童虐待の容疑で逮捕された。施設は地面に半ば埋まったトレーラーハウスの周りに築かれたバラックで、電気も水道も通っておらず、ホグリフ保安官によると、子供たちは「第三世界の難民のような不衛生な状態に置かれていた」という。

    dokusen180809-1.jpg(アブドゥル・ガニの父親シラジ・ワハジ)

    「悪魔払いの儀式」を行う?

    施設にはワハジの2人の姉妹を含む3人の女と、ワハジの共犯者と見られる男1人もいて、彼らも虐待容疑で逮捕された。警察によれば、女3人はワハジに完全にマインドコントロールされている様子だったという。

    ワハジは、ブルックリンのモスクを拠点とする著名なアフリカ系イマーム(導師)シラジ・ワハジの息子で、父親の名前をそのまま受け継いだ。

    ワハジの妻ハキマ・ラムジによると、夫妻の息子アブドゥル・ガニは病弱で、ひんぱんに発作を起こし、夫妻はそのことで悩んでいた。

    裁判所に提出された書類では、ワハジは息子に「悪魔払いの儀式」を行うと妻に話して、息子を連れ出したとされている。

    しかしラムジによるとこれは間違いで、夫が行おうとしたのはイスラム教の厄払い「ルキア」だという。

    「悪魔払いではない。裁判所の通訳が間違えたのだ。夫はただ息子の回復を祈ろうとしただけだ」と、ラムジはCNNに語った。

    ラムジによると、夫は息子と公園に行くと言って家を出たまま帰らなかったという。

    この施設でワハジらは、学校で銃乱射テロを起こさせるために子供たちを訓練していた疑いも持たれている。

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    気になる北朝鮮問題の動向から英国ロイヤルファミリーの話題まで、世界の動きを
    ウイークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    本誌 最新号

    特集:コロナ不況に勝つ最新ミクロ経済学

    意思決定の深層心理から人間の経済行動を読み解く── コロナ不況を生き残るため最新の経済学を活用せよ

    2020年6月 2日号  5/26発売

    人気ランキング

    • 1

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染11人 2日連続で2桁に

    • 3

      北朝鮮の民間経済を圧迫する独裁者の国債

    • 4

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      「9月入学」は教育グローバル化のチャンス そもそ…

    • 7

      経済再開が早過ぎた?パーティーに湧くアメリカ

    • 8

      新型コロナウイルスをめぐる各国の最新状況まとめ(2…

    • 9

      「検査と隔離」もウイルス第2波は止められない 米専…

    • 10

      コロナ禍で予想外なほどルール遵守のイギリス人に驚き

    • 1

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 背景には韓国の国民性も?

    • 2

      東京都、新型コロナウイルス新規感染14人に急増 緊急事態宣言解除の目安、3項目中2項目が基準下回る

    • 3

      「イギリスが香港のために立ち上がらないことこそ危機だ」パッテン元総督

    • 4

      カナダで「童貞テロ」を初訴追──過激化した非モテ男…

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      新型コロナの死亡率はなぜか人種により異なっている

    • 7

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 8

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 9

      新型コロナよりはるかに厄介なブラジル大統領

    • 10

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 1

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 2

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言したウイルス映画が語ること

    • 3

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 4

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      優等生シンガポールの感染者数が「東南アジア最悪」…

    • 7

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    • 8

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 9

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 10

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】金融エリートたちの意外と普通な苦悩