Newsweek

ブレグジット

英政府発行のブレグジット白書の各国語翻訳がひどい! 他言語への敬意が足りない?

2018年8月7日(火)17時25分
モーゲンスタン陽子

    ブレグジット白書のドイツ語訳もあまりにひどいと問題に  REUTERS-Leon Neal

    <英政府がEU離脱方針をまとめた要項の各国語版の翻訳が、あまりにひどいと評判だ>

    7月半ば、英政府は欧州連合(EU)離脱方針をまとめた要項、「ブレグジット白書」を発表した。同白書は欧州22の言語に翻訳されたのだが、その翻訳があまりにひどいと話題だ。翻訳ソフトを使ったのではないかと、ネットでもさっそく叩かれている。

    英語で読んだほうがマシ

    各翻訳バージョンは、奇妙な言葉、文語、創作語などを含み、各語ネイティブスピーカーのあいだに混乱と批判、嘲笑を引き起こしている。ある翻訳家は「政府のブレグジット白書の翻訳は本当にひどい。調子外れで、言葉遣いが間違っている。メニューページでは、各語の名前のスペルさえ間違っている(ドイツ語、フィン語、エストニア語)」と、iNewsに語っている。

    なかでもとくにひどいと言われているのがドイツ語だ。ドイツ語のリンクはDeutscheのタグで表示されていたが、正しくはDeutschでなければならない。後に他の言葉が続く場合は、たとえばDeutsche Bahn 「ドイツ鉄道」のように-e がつくことがあるが、単独では使わない。EU圏内で最大の人口と経済力を誇るドイツ語でのこのミスは問題だ。ドイツ語のネイティブスピーカーたちの目には「古代ドイツ語」のような摩訶不思議な言語に映るようだ(インディペンデント)。

    アイルランド語やクロアチア語にも間違いが多いようだ。また、100ページすべてが翻訳されたのはウェールズ語のみだが、これはEUの公用語ではない。またむしろ、アイルランド語、ウェールズ語の話者、あるいはマルタなど英語が公用語の1つである国の人々にとっては、おかしな翻訳を読むより英語を読む方がずっと早いだろう。

    ドイツ人やオランダ人の多くも英語が達者だ。あるオランダ人はツイッターに「親愛なるイギリス政府へ。努力は感謝いたします。おそらくお気づきではないでしょうが、あなたたちを理解してほしいなら、どうぞ英語を使い続けてください。これはひどすぎます。心を込めて、オランダより」と投稿している。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 2

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリカに対する幻想を捨てた

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざ…

    • 5

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 6

      メルケル首相「正直、苦痛だ」......相次ぐロシアの…

    • 7

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 8

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 9

      韓国ではなぜ新型コロナ第2波のリスクが高まったのか

    • 10

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 3

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 4

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 5

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 6

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 7

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃…

    • 8

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 3

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係