Newsweek

ミャンマー

ロヒンギャ虐殺の黒幕にこそしかるべき法の裁きを

2018年9月15日(土)14時30分
リンダ・ラクディール(ヒューマン・ライツ・ウォッチ・アジア局法律顧問)

    実刑判決を受けて裁判所を後にするワ・ロンとチョー・ソウ・ウー REUTERS

    <ミャンマー軍の残虐行為を暴いた記者2人に実刑判決、報道の自由に危機が迫る>

    9月3日はミャンマー(ビルマ)の報道の自由と法の支配にとって、暗黒の日となった。イスラム系少数民族ロヒンギャに対する虐殺疑惑を調べていたロイター通信のミャンマー人記者2人に実刑判決が下ったのだ。最大都市ヤンゴンの裁判所は、警察から極秘資料を不正に入手したとして、(英植民地時代に制定された)国家機密法違反の罪でワ・ロン(32)とチョー・ソウ・ウー(28)に禁錮7年を言い渡した。だが、2人は警察にはめられたと訴えている。

    目下の焦点はウィン・ミン大統領が2人に恩赦を与えるかだが、見通しは暗い。軍のロヒンギャ弾圧を世論は強く支持しており、大統領からも、事実上の国家元首でノーベル平和賞受賞者のアウンサンスーチー国家顧問からも、2人の記者や報道の自由を支持する発言はない。

    一方、EU、イギリス、アメリカ、国連などは今回の判決を非難している。国際社会が引き続き圧力を強め、2人の釈放を求めていくことが非常に重要だ。

    ある意味、2人は幸運だ。彼らが所属するロイターは大手国際報道機関であり、現地メディアには期待できないような模範的な支援を続けている。2人のケースは、国際的組織で働く現地の記者や市民が、軍や政府がひた隠しにする問題に取り組む際のリスクを浮き彫りにする。

    「私たちのほうが国際ジャーナリスト以上に不安だ――実際にこの国で暮らしているから」と、ある現地ジャーナリストは言う。「私たち現地メディアのジャーナリストは、仕事も身の安全も保証されていない」

    16年3月の発足以来、アウンサンスーチー率いる文民政権は言論弾圧を強化。抑圧的な法律を次々と持ち出して、反体制派のジャーナリストや人権活動家の口封じをしてきた。

    自主規制のプレッシャー

    現にジャーナリストのラウィ・ウェンは17年6月、反体制派の少数民族武装組織の支配地域を取材した帰りに逮捕され、2カ月間拘束された。「ミャンマーのジャーナリストには面倒を見てくれる親はいない。孤児なんだ」と彼は言う。「誰が私たちを助けてくれるのか。リスクがあっても取材を続けているが、誰も私たちを守れない」

    そんな現地ジャーナリストの不安にロイター記者に対する実刑判決が拍車を掛けている。自主規制のプレッシャーが増し、報道の自由の先行きは暗い。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:上級国民論

    本誌 最新号

    特集:上級国民論

    特権階級が不当に罪を逃れている── 日本を席巻する疑念と怒りの正体

    2020年2月25日号  2/18発売

    人気ランキング

    • 1

      「部外者」には分かりにくい、日本の見えないマナー違反

    • 2

      クルーズ船対応に見る日本の組織の問題点──権限とスキルの分離が組織を滅ぼす

    • 3

      韓国にパンブーム到来、ソウルの「日本のパン屋」に突撃取材した

    • 4

      映画「パラサイト」に隠れている韓国のもう一つの「…

    • 5

      「ホライモリは悲しんだ」......7年間、同じ場所で動…

    • 6

      「マスクは今週1億枚を供給、来月には月産6億枚体制へ…

    • 7

      深い眠りによって脳内の老廃物が洗い流されているこ…

    • 8

      ヒトの老化は、34歳、60歳、78歳で急激に進むことが…

    • 9

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 10

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 1

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 2

      文在寅を見限った金正恩......「新型コロナ」でも問答無用

    • 3

      ロイヤルウェディングの招待状がほのめかしていたメーガン妃の離婚歴

    • 4

      殺害した女性の「脳みそどんぶり」を食べた男を逮捕

    • 5

      スキー・スノボに行かなくなった(行けなくなった)…

    • 6

      感染者2200万人・死者1万人以上 アメリカ、爆発的「イ…

    • 7

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 8

      韓国、キャッシュレス完了した国が進める「コインレ…

    • 9

      新型コロナウイルス、人口2.6億のインドネシアで感染…

    • 10

      クルーズ船内「悲惨な状態」 神戸大・岩田健太郎教授、…

    • 1

      「歯肉から毛が生えた」という女性の症例が世界で初めて報告される

    • 2

      一党支配揺るがすか? 「武漢市長の会見」に中国庶民の怒り沸騰

    • 3

      ヒヒにさらわれ子どもにされた子ライオンの悲劇

    • 4

      マスク姿のアジア人女性がニューヨークで暴行受ける

    • 5

      新型コロナウイルスはコウモリ由来? だとしても、…

    • 6

      夜間に発電できる「反ソーラーパネル」が考案される

    • 7

      韓国で強まる、日本の放射能汚染への懸念

    • 8

      「武漢はこの世の終末」 チャーター機乗れなかった米…

    • 9

      BTSと共演した韓国人気子役がYouTubeで炎上 虐待さ…

    • 10

      「拷問死したアメリカ人学生」がはばむ文在寅の五輪…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】シリコンバレー、格差社会の日常