Newsweek

海洋汚染

9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

2018年10月23日(火)16時20分
松丸さとみ

    9割の食塩にマイクロプラスチックが… Amarita-iStock

    <世界21カ国で取れた塩を使い、食卓塩として販売されている39銘柄を調査したところ、その90%からマイクロプラスチックが検出された>

    39銘柄中プラスチック片ゼロはわずか3銘柄

    海のプラスチック汚染が叫ばれてから久しい。米国化学会発行の業界誌ケミカル&エンジニアリング・ニュース(C&EN)によると、年間800万トンのプラスチック・ゴミが海に流れ出ている。そんな中、プラスチック汚染に関してショックなデータがまた1つ明らかになった。このほど行われた調査で、私たち人間も、海に流れ着いたマイクロプラスチックを年間2000個も口にしているというのだ。

    世界21カ国で取れた塩を使い、食卓塩として販売されている39銘柄を調査したところ、その90%からマイクロプラスチックが検出されたという。これは、成人1人当たり年間2000個のマイクロプラスチック片を食べているのに相当する。マイクロプラスチックが発見されなかったのはわずか3銘柄だった。

    マイクロプラスチックとは、粉々になって大きさが5ミリ以下になったものを指す。

    アジア産の食塩に目立つ

    米ウェブメディア、クオーツによると、調査は韓国の国立大学、仁川大学校が国際環境NGOのグリーンピース・東アジアと共同で行なったもの。結果は10月16日、エンバイロメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジーに発表された。

    調査に使用された食塩は、オーストラリア、ベラルーシ、ブルガリア、中国、クロアチア、フランス、ドイツ、ハンガリー、インド、インドネシア、イタリア、韓国、パキスタン、フィリピン、セネガル、台湾、タイ、英国、米国、ベトナムの21カ国で取れたもの。39の銘柄のうち、28銘柄は海塩、9銘柄は岩塩、2銘柄は湖塩だった。前述の、「マイクロプラスチックが検出されなかった3銘柄」は、台湾産の精製海塩、中国産の精製岩塩、そしてフランス産の未精製の海塩だった。

    サンプルの中で最も多くのマイクロプラスチックが検出されたのは、アジア諸国産の塩だった。マイクロプラスチックの含有量が多かった上位10銘柄のうち9銘柄がアジア産だったのだ。クオーツは、含有量の多さは、最も多くのプラスチックが海に流れ出ているポイントと関係があると指摘している。

    前述のC&ENによると、海のプラスチック・ゴミの出どころは、世界中でアジアとりわけ東南アジア諸国が最も多い。

    (参考記事)世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河川から流れ込んでいる

    クオーツによると今回の調査を行なったチームは、この調査結果により、プラスチック汚染が世界で最も深刻な場所はアジアであることが改めて示されたのみならず、海塩が、海洋環境のマイクロプラスチック汚染の度合いを知る指標になり得ることも示していると述べている。

    しかし当然ながら、食塩から取り込むマイクロプラスチックは、人間が体に取り込んでいる全体量のほんの一部に過ぎない。体内に入る全体量は年間で成人1人当たり3万2000片に上ると見られており、食塩からの2000片はこのうちわずか6%程度だ。クオーツによると、80%は呼吸から体内に取り込まれている。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:ファーウェイの正体

    本誌 最新号

    特集:ファーウェイの正体

    中国軍出身者が作り上げた最強の5G通信企業ファーウェイが世界の情報網を支配する日

    2019年5月21日号  5/14発売

    人気ランキング

    • 1

      トランプ勝利を予測した教授が説く「大統領弾劾」シナリオ

    • 2

      米中交渉決裂、追い込まれた習近平

    • 3

      違法操業の外国漁船は沈没させよ インドネシア強硬派大臣は「女ゴルゴ13」

    • 4

      イランも臨戦態勢に──戦争を避ける最後のチャンス

    • 5

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 6

      「ヘッチヘッチ論争」を知らずして、現代環境問題は…

    • 7

      シカゴで猟奇殺人──19歳の妊婦を殺害後、腹を切って…

    • 8

      中国、キャッシュレス先進国ゆえの落し穴──子の借金…

    • 9

      アメリカがイランを攻撃できない理由──「イラク侵攻…

    • 10

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 1

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 2

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の容疑者が再犯 少年法見直しの議論は海外にも 

    • 3

      10%の食塩水1kg作るのに必要な塩と水は? 大学生が「%」を分からない絶望的な日本

    • 4

      「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

    • 5

      トランプの言うことは正しい

    • 6

      「古代マヤの宇宙飛行士」説、アメリカで再浮上?

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      強気の米中、双方に死角あり「アメリカはまずい手を…

    • 9

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 10

      ジョンベネ殺害事件で、遂に真犯人が殺害を自供か?

    • 1

      巨大なホホジロザメが一匹残らず逃げる相手は

    • 2

      徴用工問題で日韓が近づく危険な限界点

    • 3

      「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      シャチがホホジロザメを餌にし始めた

    • 6

      59歳の人気ランジェリーモデルは5年前まで普通のお母…

    • 7

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 8

      29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

    • 9

      おどろおどろしい溶岩の世界!?木星の北極の正体が…

    • 10

      謎のシャチが見つかった?未知の4種目の可能性

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「男は青、女は赤」を考える