Newsweek

海洋汚染,特集プラスチック危機

9割の食塩にプラスチック片、成人1人当たり年間2000個が体内に

2018年10月23日(火)16時20分
松丸さとみ

    9割の食塩にマイクロプラスチックが… Amarita-iStock

    <世界21カ国で取れた塩を使い、食卓塩として販売されている39銘柄を調査したところ、その90%からマイクロプラスチックが検出された>

    39銘柄中プラスチック片ゼロはわずか3銘柄

    海のプラスチック汚染が叫ばれてから久しい。米国化学会発行の業界誌ケミカル&エンジニアリング・ニュース(C&EN)によると、年間800万トンのプラスチック・ゴミが海に流れ出ている。そんな中、プラスチック汚染に関してショックなデータがまた1つ明らかになった。このほど行われた調査で、私たち人間も、海に流れ着いたマイクロプラスチックを年間2000個も口にしているというのだ。

    世界21カ国で取れた塩を使い、食卓塩として販売されている39銘柄を調査したところ、その90%からマイクロプラスチックが検出されたという。これは、成人1人当たり年間2000個のマイクロプラスチック片を食べているのに相当する。マイクロプラスチックが発見されなかったのはわずか3銘柄だった。

    マイクロプラスチックとは、粉々になって大きさが5ミリ以下になったものを指す。

    アジア産の食塩に目立つ

    米ウェブメディア、クオーツによると、調査は韓国の国立大学、仁川大学校が国際環境NGOのグリーンピース・東アジアと共同で行なったもの。結果は10月16日、エンバイロメンタル・サイエンス・アンド・テクノロジーに発表された。

    調査に使用された食塩は、オーストラリア、ベラルーシ、ブルガリア、中国、クロアチア、フランス、ドイツ、ハンガリー、インド、インドネシア、イタリア、韓国、パキスタン、フィリピン、セネガル、台湾、タイ、英国、米国、ベトナムの21カ国で取れたもの。39の銘柄のうち、28銘柄は海塩、9銘柄は岩塩、2銘柄は湖塩だった。前述の、「マイクロプラスチックが検出されなかった3銘柄」は、台湾産の精製海塩、中国産の精製岩塩、そしてフランス産の未精製の海塩だった。

    サンプルの中で最も多くのマイクロプラスチックが検出されたのは、アジア諸国産の塩だった。マイクロプラスチックの含有量が多かった上位10銘柄のうち9銘柄がアジア産だったのだ。クオーツは、含有量の多さは、最も多くのプラスチックが海に流れ出ているポイントと関係があると指摘している。

    前述のC&ENによると、海のプラスチック・ゴミの出どころは、世界中でアジアとりわけ東南アジア諸国が最も多い。

    (参考記事)世界の海洋プラスチック廃棄物の9割は、わずか10の河川から流れ込んでいる

    クオーツによると今回の調査を行なったチームは、この調査結果により、プラスチック汚染が世界で最も深刻な場所はアジアであることが改めて示されたのみならず、海塩が、海洋環境のマイクロプラスチック汚染の度合いを知る指標になり得ることも示していると述べている。

    しかし当然ながら、食塩から取り込むマイクロプラスチックは、人間が体に取り込んでいる全体量のほんの一部に過ぎない。体内に入る全体量は年間で成人1人当たり3万2000片に上ると見られており、食塩からの2000片はこのうちわずか6%程度だ。クオーツによると、80%は呼吸から体内に取り込まれている。


    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:検証  日本モデル

    本誌 最新号

    特集:検証 日本モデル

    日本のやり方は正しかったのか? 感染対策の効果を感染症専門家と考える

    2020年6月 9日号  6/ 2発売

    人気ランキング

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 3

      黒人男性ジョージ・フロイドの霊柩車に、警官がひざまずいて弔意を示す

    • 4

      「犬は訓練を受けなくても苦しんでいる飼い主を救お…

    • 5

      着物は手が届かない美術品か、海外製のインクジェッ…

    • 6

      NY州デモ参加老人が警官に突き飛ばされ重症 倒れて…

    • 7

      韓国はなぜ日本の入国制限に猛反発したのか

    • 8

      米政権のデモ弾圧を見た西欧諸国は、今度こそアメリ…

    • 9

      【世論調査】アメリカ人の過半数が米軍による暴動鎮…

    • 10

      まるで中国皇帝......「習近平そっくりさん」のアカ…

    • 1

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食べたら...

    • 2

      ロンドンより東京の方が、新型コロナ拡大の条件は揃っているはずだった

    • 3

      レストランで騒ぐ息子が店員に叱られた話、FBに投稿したら炎上した... なぜ?

    • 4

      韓国のG7参加を嫌う日本と冷静な韓国との差異

    • 5

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がア…

    • 6

      韓国総選挙にデジタル不正疑惑か? 中国から開票機…

    • 7

      西浦×國井 対談「日本のコロナ対策は過剰だったのか」

    • 8

      「NO JAPAN」に揺れた韓国へ「股」をかけて活躍した日…

    • 9

      東京都、新型コロナウイルス新規感染28人 4日連続で…

    • 10

      韓国、アイドルファンも抗議デモ 愛すればこそ、裏切…

    • 1

      金正恩「死んだふり」の裏で進んでいた秘密作戦

    • 2

      「集団免疫」作戦のスウェーデンに異変、死亡率がアメリカや中国の2倍超に

    • 3

      スズメバチが生きたままカマキリに食べられる動画が、アメリカでバズる理由

    • 4

      気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

    • 5

      過激演出で話題のドラマ、子役2人が問題行動で炎上 …

    • 6

      日本の「生ぬるい」新型コロナ対応がうまくいってい…

    • 7

      コロナ独自路線のスウェーデン、死者3000人突破に当…

    • 8

      ロックダウンは必要なかった? 「外出禁止は感染抑…

    • 9

      街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

    • 10

      コロナ禍で露呈した「意識低い系」日本人

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】人とゾウが築いた400年の共生関係