Newsweek

英会話

日本語を母国語とする私たちが英語を習得するために必要な3つのトレーニング

PR

2018年11月6日(火)11時00分
文=西山亨 写真=平岩享

    日本語と英語は言語としてあまりにも違いすぎる。だが適切な学習法さえ実践すれば習得することは可能だ iStock

    どうして頑張って勉強しても英語を満足に扱えないのか

    「グローバル化が進んでも、新しい技術が次々に生まれて私たちの生活が便利になっても、日本語を母国語にする私たちの英語力は、残念ながら大きく伸びておらず、国際的にみても低いレベルに留まっているといえるのではないでしょうか。皆さんの家族や友人、知人のなかで、どれだけの人が英語を不自由なく扱えるでしょうか。帰国子女を除けば、ほとんどの人が英語を満足に聞けず・話せないのではないかと思います」と話すのは、2018年春に英会話のトレーニング企業、English for Everyoneを起ち上げた是枝秀治氏だ。

    同氏は2000年の三井物産入社以降、海外ビジネスでの必要性から、18年もの間、市場にあるありとあらゆる学習方法で英語の習得に取り組んできた。しかし、どうしても一定のレベルを超えられなかった。ネイティブ同士が話す英語を聞き取れず、割り込んで話しても通じないことも多かったという。TOEICでは満点の990点を、GMATではネイティブよりも高い得点をマーク。留学先のMIT(マサチューセッツ工科大学)ではMBAも取得した。これほどのキャリアを持つ人間でも英語を習得できないのはなぜなのか。

    同氏はさらにこう続けた。「『英語を仕事で使っているのである程度は話せる』と言う人でも、実際にはカタカナっぽいほとんど日本語ともいえる英語で、相手によっては通じなかったり、聞き取れなかったりを繰り返しながら、何とか頑張っているというのが正直なところではないでしょうか。私自身もまさにそうでした」

    日本語が母国語の私たちに必要な英語の習得方法とは

    なぜ日本人の英語力は長らく努力をしても伸びてこなかったのか。本来、何をすれば英語力は伸びるのか。この問いに答えるには、まず日本語と英語の違いに着目しなければならない。数年間にわたって研究した是枝氏によると、英語と日本語の関係性において、次のポイントが重要という。

    「日本語と英語は、言語としての違いがあまりにも大きいのです。言語間距離が遠いともいえます。具体的には、両者は文字、音、リズム、文法などどれを取っても似ているところがほとんどありません。一方、似ている言語間、例えばラテン語を起源とするヨーロッパ系の言語間であれば、片方の言語スキルでもう片方の言語を話しても通じるほどです」

    極端な例ではスペイン語ができれば、イタリア語を知らなくても意思疎通ができてしまうという。しかし、類似点がほとんどない日本語と英語の間では、このようにはならない。日本語のスキルで英語を話しても通じず、聞こうとしても聞けないというわけだ。しかし、日本人はこの間違いを長年続けてしまっている。日本語で英語を話そうと頑張り続けているため、必然的に日本人の英語は通じないということが繰り返されてきた。

    習得が必須のスキルは音、リズム、英語思考の3つ

    「私たちがここから脱却するには、英語独自のスキルを習得するしかありません。特に違いが大きく、習得しなくてはならないのが音とリズム。音の中には子音や母音だけでなく、発声方法まで含みます。これらは多くの人たちが想像している以上に、英語と日本語では異なります。リズムも同様で、日本語はすべての音節を均一に同じ強さで話しますが、英語は"強勢"というものを中心に強弱を持たせて話します。音とリズムのいずれも、日本語のものでは代替できませんので、英語のものを新たに憶える必要があるのです。さらに、日本で日本語中心の生活をしていると、英語も日本語を翻訳して作ってしまう癖がついています。翻訳をせずに、頭の中にある考えを直接英語化するスキルを養う必要があります」

    English for Everyone代表取締役社長 兼 CEOの是枝秀治氏

    English for Everyone代表取締役社長 兼 CEOの是枝秀治氏。三井物産、ベイン・アンド・カンパニー、消費財企業の海外事業担当役員出身。日・英・西のトライリンガル。

    お問い合わせ

    ●お問い合わせ
    株式会社English for Everyone

    TEL:03-6435-6975

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:残念なリベラルの処方箋

    本誌 最新号

    特集:残念なリベラルの処方箋

    日本でもアメリカでも存在感を示せない「リベラル」 対抗軸として政権担当能力を示す方法は?

    2019年7月 2日号  6/25発売

    人気ランキング

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      犬を飼うかどうかは遺伝子が影響を与えている

    • 3

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 4

      地下5キロメートルで「巨大な生物圏」が発見される

    • 5

      生きるために自分の足を噛みちぎった犬ルークの強さ

    • 6

      うろたえる韓国、北朝鮮の非核化交渉で脇役に

    • 7

      イランはなぜ米軍ドローンを撃墜したか その真の標的

    • 8

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 9

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 2

      若年層の頭蓋骨にツノ状の隆起ができていた......その理由は?

    • 3

      テスラの半自動運転システムで居眠りしたまま高速を50キロメートル走行

    • 4

      全長7mの巨大ヘビが女性を丸のみ インドネシア、…

    • 5

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 6

      走る車の中から子猫を投げ捨て!相次ぐ蛮行に怒りの…

    • 7

      アメリカ心理学会「体罰反対決議」の本気度──親の体…

    • 8

      イランの無人機撃墜がアメリカにとって重大な理由

    • 9

      「何か来るにゃ...」 大阪地震の瞬間の猫動画に海外…

    • 10

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に喜んではいけない

    • 3

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 4

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 5

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 6

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 7

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    • 8

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実