Newsweek

キャリア

「キャリアのピークは45歳」を信じるな!

2018年11月15日(木)16時00分
ラチェル・ハンプトン

    社会に大きな影響を与える仕事ができる時期は人によって異なることが明らかに Alvarez/iStockphoto

    <仕事に最も脂が乗る時期は人によってさまざま、あなたの「奇跡の年」はこれから訪れるかも>

    自分と同年代、あるいは(もっと情けないことに)自分よりも年下の誰かが華々しい業績を上げるのを横目に、うだつの上がらない自分に絶望しているあなた。英科学誌ネイチャーに発表された新研究を知れば、きっと元気が出るはずだ。

    研究チームはアインシュタインの「奇跡の年」、すなわち時空の概念を根底から変えた3大論文が発表された1905年にヒントを得て、3万人近い科学者、美術家、映画監督のキャリアを分析。世の中に最大の影響を与えた論文や作品が生まれた時期はキャリアのさまざまな時点に分散しているのか、あるいは「その人の平均的な業績よりも、著しく高い業績を上げた時期」があったのかを調べた。

    結果、調査対象者の実に9割で、社会に最大の影響を与えた3つの論文または作品が特定の時期に集中して生まれたことが分かった。ちなみに影響力の大きさは、科学者の場合は論文の引用数、美術家は作品の価格、映画監督はインターネット・ムービー・データベース(IMDb)のランキングで判定した。

    キャリアの最盛期の長さは分野によって異なり、科学者では平均3.7年前後、映画監督は5.2年、美術家は5.7年だった。研究チームが「絶ホット・好調の時ストリーク期」と呼ぶこの時期は大半の人にみられるが、それがいつ訪れるかは人によって違う。駆け出し時代に輝かしい実績を上げる科学者もいれば、遅咲きの科学者もいるといった具合だ。

    諦めないで挑戦すべき

    意外なことに、絶好調の時期は最も多くの論文なり作品を生み出した時期とは重なっていなかった。量産すれば、いいものが生まれるわけではないのだ。

    絶好調の時期が2回あった人は、美術家と科学者では25%足らず、映画監督では10%足らず。つまり、ほとんどの人には生涯に一度しか絶好調期は訪れないということだ。

    ただし、それがいつ訪れるかは人によって異なるし、最も生産性が高い時期とも重ならない。だとすれば、私たちは人生のピークについての一般的な考えを見直す必要がありそうだ。

    人生の最高の時期は27歳から45歳(せいぜいそれに数年の幅を持たせた程度)という見方が人々の意識に染み付いている。就職での年齢差別にみられるように、多くの人々は「働き盛りを過ぎたら、後は下り坂」だと思い込んでいる。

    ネイチャーの論文はこうした通念を覆す。そして、あなたがいまキャリアのどの時期にあろうと、偉大な業績を成し遂げるのに遅過ぎることはないと教えてくれる。

    これから第2、あるいは第3のキャリアに挑戦する人にとっては、とても心強い調査結果だ。「これまでは45歳を過ぎたら、はかばかしい業績は望めないと思われていた」と、研究を率いたノースウェスタン大学のダシュン・ウォン准教授はメディアに語っている。だが実際はいくつになっても「創造し続ける限り、これから最高の仕事ができる可能性はある」。

    <本誌2018年11月6日号掲載>

    ※11月6日号は「記者殺害事件 サウジ、血の代償」特集。世界を震撼させたジャーナリスト惨殺事件――。「改革」の仮面に隠されたムハンマド皇太子の冷酷すぎる素顔とは? 本誌独占ジャマル・カショギ殺害直前インタビューも掲載。

    © 2018, Slate

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの朝にお届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:弾圧中国の限界

    本誌 最新号

    特集:弾圧中国の限界

    ウイグルから香港、そして台湾へ──強権政治を拡大し続ける共産党の落とし穴

    2019年6月25日号  6/18発売

    人気ランキング

    • 1

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 2

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 3

      「香港は本当にヤバいです」 逃亡犯条例の延期を女神は「予言」していた

    • 4

      石油タンカーが攻撃されても、トランプが反撃しない…

    • 5

      タンカー攻撃、イラン犯行説にドイツも異議あり

    • 6

      嫌韓で強まる対韓強硬論 なぜ文在寅は対日外交を誤…

    • 7

      アメリカは「いざとなれば瞬時にイランを破壊できる」

    • 8

      年金問題「老後に2000万円必要」の不都合な真実

    • 9

      老後資金二千万円問題 「悪いのは誰か」

    • 10

      【南シナ海】中国船による「当て逃げ」にフィリピン…

    • 1

      ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か

    • 2

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14歳少女に起こった一大事

    • 3

      未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

    • 4

      香港大規模デモ、問題の「引き渡し条例」とは何か?

    • 5

      厳罰に処せられる「ISISの外国人妻」たち

    • 6

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 7

      「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

    • 8

      日本の女性を息苦しさから救った米国人料理家、日本…

    • 9

      ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

    • 10

      自撮りヌードでイランを挑発するキム・カーダシアン

    • 1

      サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

    • 2

      台湾のビキニ・ハイカー、山で凍死

    • 3

      マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

    • 4

      現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

    • 5

      プラスチック製「人工子宮」でヒツジの赤ちゃんが正…

    • 6

      タピオカミルクティー飲み過ぎで病院!? 中国の14…

    • 7

      貧しい人ほど「割増金」を払い、中・上流は「無料特…

    • 8

      トランプ、エリザベス女王にまたマナー違反!

    • 9

      アメリカの衛星が捉えた金正恩「深刻な事態」の証拠…

    • 10

      脳腫瘍と思って頭を開けたらサナダムシだった!

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】「差別なき」南アフリカの差別的な現実