Newsweek

人種問題

米仏で連鎖...反ユダヤの動き、今年に入りフランスで69%増

2018年11月16日(金)18時10分
松丸さとみ

    今年の3月、パリで高齢のユダヤ人女性が自宅で刺殺され、遺体に火をつけられる事件が発生。「ストップ レイシズム」と掲げ、女性を追悼する人々 Jean-Paul Pelissier-REUTERS

    <フランスではユダヤ人への嫌がらせ行為などの「反ユダヤ主義の動き」が急増していることがわかった>

    「新たな水晶の夜のよう」

    1938年11月9?10日に、ドイツで「水晶の夜」(クリスタルナハト)という事件が起きた。フランスのパリでドイツ大使館の職員がユダヤ系ポーランド人に暗殺された事件を受け、ナチスによるユダヤ人への迫害がドイツ全土で行われたのだ。

    この事件で少なくとも91人のユダヤ人が死亡し、2?3万人が強制収容所に送られたとされている。ユダヤ人が経営する店舗のガラスなどが割られ、道路にはガラスの破片がキラキラ輝いてまるで水晶のようだったので、「水晶の夜」と呼ばれているという。

    この事件から80年となる今年、フランスではユダヤ人への嫌がらせ行為などの「反ユダヤ主義の動き」が昨年より増加し、最初の9カ月で69%増となったという。フランスのエドゥアール・フィリップ首相が自身のフェイスブックで明らかにした。

    仏国際ニュース専門チャンネル「フランス24」によると、フィリップ首相は、現在の反ユダヤ的な流れは「まるで新たな水晶が割れているようだ」と、80年前の「水晶の夜」を引き合いに出して表現した。

    欧州最大のユダヤ人口を抱えるフランスで69%増

    フランス24によると、フランスのユダヤ人の人口は欧州最大で、その規模は世界では3番目となる。フランスの人口に占める割合でいうとユダヤ人はわずか1%以下に過ぎないが、2017年には「人種または宗教が動機となった暴力行為」に分類された事件のうち、40%近くがユダヤ人をターゲットとしたものだったという。

    とはいえ、2015年に過去最多を記録した後、反ユダヤの動きはその後減少し、2016年にはこれが58%減、2017年にはさらに7%減となっていた。これが、今年になって突然また増えたというのだ。

    米インディアナ大学の歴史学者であるドイツ人のグンター・ジケリ准教授はフランス24に対し、こうした反ユダヤの動きが増加した原因を突き止めるのは難しいと話した。反ユダヤ主義の活動について信頼できるデータはフランスと英国のみにしかないというジケリ准教授は、反ユダヤの動きにおいてこの2カ国には密接な関係があると説明する。反ユダヤ主義の高まりは通常、この2カ国で波のように連鎖して起こっているというのだ。昨年は英国でかなり大きな波が起こったと指摘する。

    ジケリ准教授はまた、他の反ユダヤの活動がきっかけになって起こることが多いとも説明している。10月27日に、米国ペンシルベニア州のピッツバーグにあるユダヤ教礼拝所で発生した銃乱射事件のようなものが、引き金になる可能性もあるというのだ。この事件では、11人が犠牲になった。

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:顔認証の最前線

    本誌 最新号

    特集:顔認証の最前線

    世界をさらに便利にする夢の技術か、独裁者のツールか── 新テクノロジー「顔認証」が秘めたリスクとメリットとは

    ※次号は9/18(水)発売となります。

    2019年9月17日号  9/10発売

    人気ランキング

    • 1

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(2019年9月)

    • 2

      外国人への憎悪の炎が、南アフリカを焼き尽くす

    • 3

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本との関わりは?

    • 4

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 5

      アメリカ人労働者を搾取する中国人経営者

    • 6

      【韓国政治データ】次期大統領としての好感度ランキ…

    • 7

      2050年人類滅亡!? 豪シンクタンクの衝撃的な未来…

    • 8

      香港デモはリーダー不在、雨傘革命の彼らも影響力は…

    • 9

      「Be Careful to Passage Trains」日本の駅で見つけ…

    • 10

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 1

      タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配」の実態が明らかに

    • 2

      消費税ポイント還元の追い風の中、沈没へ向かうキャッシュレス「護送船団」

    • 3

      「日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう」への反響を受け、もう一つカラクリを解き明かす

    • 4

      韓国のインスタントラーメン消費は世界一、その日本…

    • 5

      【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

    • 6

      思い出として死者のタトゥーを残しませんか

    • 7

      9.11救助犬の英雄たちを忘れない

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      韓国男子、性との遭遇 日本のAVから性教育での仏「過…

    • 10

      英国でビーガンが急増、しかし関係者からも衝撃的な…

    • 1

      ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

    • 2

      日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

    • 3

      嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

    • 4

      ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

    • 5

      2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

    • 6

      寄生虫に乗っ取られた「ゾンビ・カタツムリ」がSNSで…

    • 7

      「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

    • 8

      「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

    • 9

      韓国で脱北者母子が餓死、文在寅政権に厳しい批判が

    • 10

      「この国は嘘つきの天国」韓国ベストセラー本の刺激…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】モノクロのカリフォルニアに未来を映して