Newsweek

ブレグジット

英政府、臨時閣議でEU離脱協定案を承認 議会可決は不透明

2018年11月15日(木)09時28分

     11月14日、英国のメイ首相は欧州連合(EU)離脱を巡る合意草案が閣議で承認されたと明らかにした(2018年 ロイター/HENRY NICHOLLS)

    英政府は14日の臨時閣議で、欧州連合(EU)からの離脱協定素案を承認した。メイ英首相は、メイ氏は今後、議会の承認に向けて取り組むことになる。

    メイ氏は5時間にわたる閣議後、首相官邸前で「内閣として、政府が離脱協定素案と政治宣言の概要を承認すべきとの決定に至った」と説明。「この決定が英国全体の最善の利益だと強く信じている」と強調した。

    離脱協定素案を巡り辞任する閣僚がいるかどうかは現時点で不明だが、メイ氏は、離脱派と親EU派双方の支持を取り付けることを期待している。ただ、EUからの完全独立を求める離脱派が待ち構える議会で承認されるかは依然不透明だ。

    メイ氏は英議会での採決の日程を明らかにしていない。承認には、全650人の議会で約320人の支持が必要になる。

    複数記者によると、この日の閣議で保守の離脱推進派は離脱協定案に激しい怒りを示した。そのため、メイ氏の不信任投票を呼び掛ける可能性があるという。

    あるEU懐疑派議員は、閣議決定は全会一致ではなかったと指摘。また、ブレグジット反対派の多くは、EU加盟国としての恩恵を何も受けられない一方で、EU規定の順守が求められることへの懸念を示している。国民投票の再実施を求める声もある。

    英国の将来像は見通せていない。円滑な離脱から草案拒否までさまざまな可能性がある。草案拒否なら首相辞任にもつながりかねず、合意なき離脱のほか、国民投票の再実施も考えられる。

    離脱交渉では、英・北アイルランドとEU加盟国アイルランドの国境問題が最大の障害になってきた。

    EUと英国が一致した離脱協定案では、移行期間終了後も新たな貿易合意が得られない場合に、アイルランド国境の管理厳格化回避に向けた必要な方策について2020年7月に決める計画。

    メイ政権を支える北アイルランドの地域政党、民主統一党(DUP)は、北アイルランドを英国の他の地域と同じように扱わない案には反対するとしている。



    [ロンドン 14日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    【お知らせ】ニューズウィーク日本版メルマガのご登録を!
    アメリカや中東、アジア、ヨーロッパなど世界の動きから世界経済、キャリア、テック&サイエンス、for Womanの最新トピックまで、ウィークデーの毎朝お届けします。
    ご登録(無料)はこちらから=>>

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    本誌 最新号

    特集:日本と韓国 悪いのはどちらか

    終わりなき争いを続ける日本と韓国── 泥沼の関係に陥った本当の原因と「出口」を考える

    2019年9月24日号  9/18発売

    人気ランキング

      • 1

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があることが発見される

      • 2

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 3

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 4

        韓国航空会社の受難......ウォン安、原油高騰に「ボ…

      • 5

        繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

      • 6

        サウジのムハンマド皇太子、韓国に防空システム構築…

      • 7

        【速報】韓国の文在寅大統領、支持率が過去最低を記録

      • 8

        米軍戦闘機が撮ったUFO映像「本物」と米海軍が認める

      • 9

        【韓国政治データ】文在寅大統領の職業別支持率(201…

      • 10

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 1

        ハワイで旅行者がヒトの脳に寄生する寄生虫にあいついで感染

      • 2

        嘘つき大統領に「汚れ役」首相──中国にも嫌われる韓国

      • 3

        日本はもはや後進国であると認める勇気を持とう

      • 4

        2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

      • 5

        ヒマラヤ山脈の湖で見つかった何百体もの人骨、謎さ…

      • 6

        「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

      • 7

        コモドドラゴンの体内に「鎧(よろい)」があること…

      • 8

        サウジ原油施設攻撃で世界は変わる

      • 9

        「TWICEサナに手を出すな!」 日本人排斥が押し寄せる…

      • 10

        タブーを超えて調査......英国での「極端な近親交配…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調