Newsweek

中国経済

世界最大の自動車市場の中国で「商用EV革命」 メーカー各社が熱視線

2018年11月25日(日)18時04分

    箱型で実用的

    EVトラックは、テスラのEVのように世間の想像力をかき立てないかもしれないが、多くの自動車専門家はその出現を推奨していた。

    EV業界が長距離向け自家用車に参入する利点について、専門家は懐疑的だ。EVバッテリーは重く、走行距離に限りがあるため、この技術は短距離用トラックの方が向いており、とりわけ、あらかじめ決められた、あるいは少なくとも予測可能なルートを往復する市内配送用バンやトラックに適している、と彼らは考えている。

    中国では、完全なEVとプラグインハイブリッド車(PHV)を合わせた小型商用EVの販売台数は昨年、約20万台に達した。これは、6トン未満のトラック市場の約6%に当たる。

    中国でEVトラックを開発する世界的な自動車メーカーの1つである日産自動車<7201.T>は、軽量EVトラック需要が今後4─5年で4倍に増えるとみている。日産と東風汽車集団<0489.HK>の中国合弁企業「東風汽車有限公司」は、2022年までに商用EVの販売台数を現在の6倍、9万台に増やすことを目標としている。

    日産と連合を組む仏ルノーも同様だ。華晨汽車集団と合弁会社を設立し、来年から2年以内に配送用EVバンを3車種発売する計画だ。

    米著名投資家ウォーレン・バフェット氏が出資する中国自動車メーカーの比亜迪汽車(BYD)<1211.HK> <002594.SZ>や浙江吉利控股集団[GEELY.UL]もEVトラックやバンを販売しているが、その売り上げはまだかなり小さい。

    EVトラックの成長は、中国の中央・地方当局のEV奨励策のおかげでもある。当局は、内燃エンジン技術で世界のライバル企業に遅れを取っている国内自動車産業を活性化させ、国民の不満の原因となっている大気汚染を削減しようとしている。

    中央政府からの最大10万元(約160万円)の補助金だけでもEVへの転換を加速させている。日産で最も人気の高いEV商用車「東風D94」の場合、中央政府と地方当局から最大で計8万元の補助金を受けることができる。これにより買入価格の3割削減が可能となる。

    北京、上海、広州など約20都市は、化石燃料トラックによる市中心部への走行を制限している。北京は昨年、午前6時から午後11時まで、大型トラックが市中心部に入ることを禁止した。来年には、ディーゼルトラックや他の一部商用車向けの規制が強化される。

    「われわれはeトラックに賭けている。近い将来、eトラックとeバンしか市の中心部に入れなくなるからだ」と、日産の中国幹部は言う。「成長を続けるeコマースによって、配送用EVバンの未来は明るいとわれわれは考えている」

    (翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

    Norihiko Shirouzu

    [北京 16日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:躍進のラグビー

    本誌 最新号

    特集:躍進のラグビー

    日本代表の大躍進に沸くラグビーW杯── グローバル化で変わるこのスポーツの未来の姿

    2019年10月29日号  10/23発売

    人気ランキング

    • 1

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語るメーガン妃、率直な告白に大きな反響

    • 2

      水深3200メートル、クジラの死骸に群がる深海魚、撮影される

    • 3

      水深450メートル、メカジキに群がるサメ、そのサメを食べる大魚

    • 4

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 5

      「白馬にまたがる金正恩」写真に潜む目的と予告

    • 6

      メーガン妃の「赤ちゃんの肌の色は?」でCNNが炎上

    • 7

      メーガン妃への愛は冷めた? 英国メディア、結婚か…

    • 8

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵...…

    • 9

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 10

      ウィリアム王子とキャサリン妃がパキスタン訪問、「…

    • 1

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわかっていない

    • 2

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 3

      中国の探査機が月に持ち込んだ植物の種、ハエの卵......で起きていたこと

    • 4

      ヘイトに立ち向かったK-POPアイドル、ソルリ追悼写真集

    • 5

      交尾をめぐって噛みつき合う、暴力まみれのサメの日常

    • 6

      韓国訪問中に消えた9人のベトナム外交団員 公安当局…

    • 7

      未成年性的虐待の被告の大富豪が拘置所で怪死、米メ…

    • 8

      韓国・文在寅の賃上げ政策が招いたこと──映画館からス…

    • 9

      性的人身売買から救われた少女が自殺 犯人の男と家…

    • 10

      ヘンリー王子との結婚「考えが甘かった」と重圧を語…

    • 1

      韓国で長引く日本製品不買運動、韓国企業への影響が徐々に明らかに

    • 2

      イランで逮捕された「ゾンビ女」の素顔

    • 3

      写真撮影で「怪しいOKサイン」を出したテーマパークのスタッフが解雇

    • 4

      「OK」のサインは白人至上主義のシンボルになったの…

    • 5

      韓国は、日本の対韓感情が大きく悪化したことをわか…

    • 6

      「独島が韓国の領土であるとの証拠は何もない」韓国…

    • 7

      米韓関係の険悪化も日本のせい⁉ 文在寅がまた不安な…

    • 8

      性行為を拒絶すると立ち退きも、家主ら告発

    • 9

      全米最悪93人の連続殺人犯が「驚異的」な記憶力で描…

    • 10

      繁殖を止めるために遺伝子組み換えされた蚊、自然界…

    もっと見る

    Picture Power

    レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

    【写真特集】豪華クルーズ船はますます好調