Newsweek

エネルギー

仏マクロン、原発依存率を50%へ引き下げを発表 35年までに14基閉鎖へ

2018年11月28日(水)10時04分

    11月27日、フランス政府は、電力公社EDFの再編を検討していると発表した。写真中央はパリのエリゼ宮で会議に出席するマクロン仏大統領。代表撮影(2018年 ロイター)

    フランス政府は27日、電力公社EDFの再編を検討していると発表した。原子力発電に依存する度合いを着実に縮小する方針だ。

    マクロン大統領はエネルギー戦略に関して演説し、現在75%となっている原発への依存率を2035年までに50%に引き下げると表明した。ただ、隣国ドイツが計画している段階的な完全廃止には踏み込まなかった。

    大統領は「私は脱原発を公約に掲げて(大統領に)選ばれたわけではなく、依存度を50%に下げると約束したのだ」と述べた。大統領によると、EDFの原発58基のうち14基を35年までに閉鎖する。

    大統領の計画は、既に閉鎖が予定されている2基を除いて29年までは原発閉鎖を避けたいEDFの意向に大方沿った内容だ。

    27-28年には2基が閉鎖される予定。フランスの電力供給が支障を来す恐れがなければ、別の2基が25-26年にも閉鎖となる可能性がある。

    ただマクロン大統領は原発閉鎖の時期について、再生可能エネルギーの推進などフランスのエネルギー構成を変える計画の進捗に左右されると指摘。「エネルギー供給の安全確保を考慮した現実的な対応を取る」と主張した。

    大統領はEDFの再編には言及しなかったが、フランス政府はEDFへの出資比率を現在の83.7%から引き上げる可能性があると説明。「原発に関連する課題とリスクに沿う形で出資比率を引き上げることを検討する」とした。

    [パリ 27日 ロイター]


    トムソンロイター・ジャパン

    Copyright (C) 2018トムソンロイター・ジャパン(株)記事の無断転用を禁じます

    注目のキーワード

    注目のキーワード

    ニューストピックス

    本誌紹介

    特集:香港の挽歌

    本誌 最新号

    特集:香港の挽歌

    国家安全法で香港の自由と繁栄は終わり? 中国の次の狙いと民主派を待つ運命

    2020年7月14日号  7/ 7発売

    人気ランキング

      • 1

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 2

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 3

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求める

      • 4

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 5

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 6

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」…

      • 7

        東京都、3日の新型コロナ新規感染は124人 小池知事「…

      • 8

        新型コロナ、血液型によって重症化に差が出るとの研究…

      • 9

        ウイグル女性に避妊器具や不妊手術を強制──中国政府…

      • 10

        火星の移住に必要な人数は何人だろうか? 数学モデ…

      • 1

        国家安全法成立で香港民主化団体を脱退した「女神」周庭の別れの言葉

      • 2

        「金正恩敗訴」で韓国の損害賠償攻勢が始まる?

      • 3

        中国・三峡ダムに「ブラックスワン」が迫る──決壊はあり得るのか

      • 4

        科学者数百人「新型コロナは空気感染も」 WHOに対策求…

      • 5

        世界最大の中国「三峡ダム」に決壊の脅威? 集中豪…

      • 6

        中国・超大国への道、最大の障壁は「日本」──そこで…

      • 7

        孤立した湖や池に魚はどうやって移動する? ようや…

      • 8

        東京都、新型コロナウイルス新規感染107人を確認 小…

      • 9

        ポスト安倍レースで石破氏に勢い 二階幹事長が支持…

      • 10

        自殺かリンチか、差別に怒るアメリカで木に吊るされ…

      もっと見る

      Picture Power

      レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

      【フォトエッセー】抗議と嘆きと連帯の聖地になったジョージ・フロイド殺害現場